2016年03月01日

USB DAC 搭載 ステレオ プリメインアンプ ”TEAC AI-501DA”購入ヽ(´ー`)ノ

DSC03552.jpg

昨年、SONYからCAS-1と言う、パソコンからの音楽再生を前提とした小型のデジタルアンプが発売されました。その時はこの製品自体に、光入力端子が無かったため特に欲しくはなかったのですが、それからというものデスクトップ回りの音楽再生環境を見直したいなと思い始めました。

現在の環境
現在は、Pioneerの薄型AVアンプの”VSA-C301C”に、パソコンから光ケーブルで接続し、AVアンプにはYAMAHAの小型スピーカーを接続しています。

比較した製品
実は、欲しくなった直接の原因のもう一つは、ヨドバシカメラで何気なくCAS-1を見た時に、TEACの”AI-301DA-SP”という製品を見たからというのあります。CAS-1と同じく、小さく薄く、既存のスピーカーも使用でき、そして何より光入力端子があります。その割に値段もそんなには高くない。
それから色々調べましたところ、機種は3機種に絞られました。
まずは、TEACの”AI-301DA-SP”、そして、2年近く前に発売されたTEAC”AI-501DA”。
あとは、DENONの”PMA-50”という機種。

この三機種の中では501が一番高く、古いのですが、性能的な違いはBTに対応しているか位のような気がしたので、個人的にBTは多分使わないというのもあり、何よりアナログメーターという見た目のため、501にしました。

購入
購入はヤフーショッピングを利用しました。既に販売終息のためヨドバシとかでは在庫がないようでした。他のインターネットサイトをみましても代替、50,000円位します。そんな中、ヤフーでポイント10倍キャンペーンがやってたりしまして、結果実質40,475円で購入する事が出来ました。

開梱
DSC03521.jpg
DSC03554.jpg
付属品はシンプル。リモコンシンプルです。(まぁ多分リモコン使わないですがw)

DSC03530.jpg
背面はこんな感じ。
光✕2
同軸✕1
アナログ✕2
USB✕1

個人的には十分です。

DSC03534.jpg
スイッチは、こんな感じの昔ながらのスイッチという感じ。これが超カッコイイ!カッコいいですが、実はこのスイッチのためか、リモコンでの電源on/offが出来ませんwまぁ、手の届く範囲に置くつもりなので、リモコンは必要ないんですけどね。でも、スイッチを入れる感覚が非常に楽しいです(*´∀`*)

DSC03540.jpg
DSC03543.jpg
こちらが、ラインの切り替えスイッチ。とボリューム。金属管バッチリです。
ラインの切り替えは、押す毎に変わる奴でなく、この回す奴の方が使いやすくて良いですよね。

DSC03560.jpg
アナログメーターは当然光ります!そして、ちゃんとヒョコヒョコ動きます!

DSC03525.jpg
で、裏にはオート電源OFFを機能させるためのスイッチがあります。音が鳴らない状態で30分が過ぎると機能するようです。ただ、電源スイッチが特殊なので、復帰はライン切り替えスイッチを回したり、リモコンのボタンをどれか押すことで復帰するようです。

設置
DSC03570.jpg
今まで使っていたAVアンプと同じ場所に設置しました。横幅が狭くなったため、少し余裕が出来ました。中々良い感じです。


個人的に質感も良く、中々満足度の高い製品だと感じました。ていうか思っていたものより実際に手元に来ると凄く良かったです。
今後のい予定は、スピーカーを違うのにしたいなぁと思っているのですが、今年に入ってから色々お金を使いすぎているので、暫く落ち着いてからにしようかと思っています。
posted by やまちゃん at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット