2016年06月30日

東洋文庫ミュージアム

送信者 東洋文庫ミュージアム


駒込にある東洋文庫ミュージアムという所に行ってきました!
中は中々の雰囲気で光と影がとても綺麗でした。奥のカフェい行ってみたいなぁ・・・



入ってすぐの所に、大きな書棚が。中々に圧巻です。





本も色々な趣がありますねぇ。













所で、奥のカフェに行くときも入場料は必要なのでしょうか?(;゜ロ゜)


因みに、もの日の夕飯は蒲田の餃子!
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ/イベント・旅行

2016年06月29日

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり vol.6 炎龍編 I

ATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり vol.6 炎龍編 I.jpg


#11:来訪者。
再び、ファンタジー世界に戻りお姫様は和平交渉の段取りで忙しくしたりして。そこに自衛隊に炎龍退治を頼みに来たダークエルフがやって来てという展開。

#12:伊丹なら
龍に滅ぼされた村から来たダークエルフ。しかし、言葉が通じず頼みを伝えることが出来ず。何とか伝えたものの、国境を超えるために討伐出来ないという真っ当な正論で返され、にっちもさっちも行かずってとこで最終回???来年1月から、第二期か!楽しみ!(=´▽`=)
posted by やまちゃん at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

2016年06月28日

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり vol.5 接触編 V

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり vol.5 接触編 V.jpg


#09:箱根山中夜戦
箱根といえば温泉!温泉回か!?
いや、それにしても、本当に元嫁だったのか・・・(;゜ロ゜)
そして、温泉宿で繰り広げられる戦闘。どうやら外国からのちょっかいの模様。

#10:絶望と希望
各国の部隊が鉢合わせ。それを痴女神様がお相手する展開。箱根からひとまず銀座に戻り、元の世界に帰還。もう既に10話だけど、これ原作って確か完結してる?
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

2016年06月27日

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり vol.4 接触編 IV

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり vol.4 接触編 IV.jpg


#07:皇女の決断
なんか皇女殿下が出てきてから面白くなってきた。これも、他文化についていちいち驚いてくれるからだな。
そしていよいよ一行は日本へ。そこで、日本の目的は告げられるのかしら?

#08:門の向こうのニホン
ついにファンタジー組が現代東京に。国会で自衛隊に落ち度は無かったかと聞かれる3人。なんというか、ニホンは自衛隊を本当に軽く見てるって感じというか、ファンタジー世界で実際に戦っている方が100倍楽ってのが良く分かる。
そして、色々別の勢力からちょっかい出されたけど、運良くスルーし元嫁(?)のアパートに到着。
いや、これ中々普通に面白いよ。
posted by やまちゃん at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

2016年06月26日

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり vol.3 接触編 III

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり vol.3 接触編 III.jpg


#05:イタリカ攻防戦
竜の鱗を売りに近くの街に行ったところ、盗賊に襲われていて戦いに巻き込まれるというお話。この世界の皇女が街の戦闘の指揮をしており、ここで主人公と知り合いになるイベントといった所か。

#06:戦女神の騎行
なんかもう盗賊が可愛そうなくらいの圧倒的な戦力で鎮圧。盗賊側の理不尽さが少し大げさな気もするがそれによって自衛隊の殆ど虐殺といっても良いくらいの描写は何とか受け入れられる感じ。それよりも、その後の交渉の方が面白かったかな。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

2016年06月25日

BOSEノイズキャンセルBTヘッドフォン(Bose QuietComfort 35)を購入しました!

2016-06-24 19.14.22.jpg

BOSEノイズキャンセルBTヘッドフォン(Bose QuietComfort 35)を購入しました。人生初の一万円を超えるヘッドフォンです。

少し前位からBT接続可能なヘッドフォンを購入したいとは思っていながら、ついぞ購入を見送っていましたが、5月位から猛烈に欲しくなりついに購入となりました。

候補
購入するに辺り、SONYの”h.ear on Wireless NC(MDR-100ABN)”か”MDR-1RBTMK2”のどちらかにしようと思っていました。ただ、この2製品には大きな違いが一つあり、ABNにはノイズキャンセリング機能が搭載されています。(今後、1RBTにもノイズキャンセリングが搭載されたモデルが出そうですが・・・)
実際に両方を視聴してみると、装着感は1RBTの方が良く、またノイズキャンセリング機能は自分の視聴環境を考えると必須じゃないなぁと思いながらも、もしかして飛行機に乗ったりした時に便利かなぁと思い、ノイズキャンセリング搭載モデルに完全に傾きました。

しかし、ABNを購入しようかなと思ったのですが、正直色がどれもピンとこなくて悩みました。まぁ6月のソニーフェアまで悩めばいいかと思っていましたら、このタイミングでBOSEさんから新製品発表
値段も、ABNより少し高い位です。しかも新製品。元々、BOSEのノイズキャンセリング機種は評判も良いようです。しかも新製品。
唯一の心配はその装着感と、音が好みかどうかだったのですが、発売前にビックカメラに立ち寄った所、既に視聴品があったので試すことが出来、その結果心配は完全に無くなりました。因みにハイレゾ対応は謳っていません。でも、元々私の耳がハイレゾ対応してないばかりか、音源も持ってないので私には問題ないです。

予約して購入
早速開梱です。
本体の他に、キャリングケースが同梱されており、収納するとこんな感じの大きさとなります。

DSC03773.JPG

DSC03812.JPG

その他にも色々ついてきています。

DSC03790.JPG

飛行機の座席用のアダプターと、有線接続用のケーブルとかが付いてきます。

因みに、色は、シルバーにしましたた。

DSC03776.JPG

実際に聞いてみて
まだ使い始めて2〜3日なのでなんともいえませんが、電車の中で実際に使ってみるとノイズキャンセリング能力の効き具合に驚かされます。勿論、人の話している声は消えませんが、格段に静かになります。これは音のうるさい大江戸線でも試してみたくなりました。

音色的にも低音が少し強目で、個人的には好みです。そして高音が耳に刺さるような感じもなく、かと言って音がこもっている感じもありません。

スイッチ類は右側に纏まっており、操作しづらいということはありませんでした。因みに、NCだけをOFFにする事は出来ません。

DSC03784.JPG

そして中に、大きくL,Rと入っておりわかりやすいです。

DSC03805.JPG

電池の持ちについて
カタログスペックでは、約2時間半の充電で、ワイヤレスで20時間、有線で40時間とあります。有線でもバッテリーを使うのはノイズキャンセリングのせいかと思うのですが、多分ノイズキャンセリングを使わなければバッテリーは食わないはずです。
だいたい、自分は普段通勤の時に使っても1日3時間程なので、1週間は充電せずに使える計算になります。なので特に問題なさそうです。

ちょっと改善して欲しい点
今のところ一つだけ。有線で接続する際、ヘッドフォン側の端子がステレオプラグじゃないんです・・・ちょっと系が小さい。これはステレオプラグにしておいて欲しかったかなぁと・・・・

DSC03796.JPG

アプリを使ってみて
このヘッドフォンと連動する、スマフォアプリもあります。そもそも、BTは2台まで接続可能で、それぞれの接続のOFF/ONをこのアプリからも操作可能です。また、このアプリから接続する事も出来、実際使ってみると中々便利でした。良く出来ています。

2016-06-25 12.11.34.jpg

2016-06-25 12.11.09.jpg

自分は、iPhineで音楽を聞き、iPadでアニメを観ますが、この切替がスムーズにできました。ただし、両方接続状態にしておくと、結構BTが切れる感じがします。ここはしょうが無いのかなぁ・・・

というわけで、初めてのBT&NC搭載ヘッドフォンでしたが、中々に満足です。買ってよかった!\(^o^)/
posted by やまちゃん at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり vol.2 接触編 II

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり vol.2 接触編 II.jpg


#03:炎龍
龍が大暴れしていた村で、生き残りのエルフをゲットだぜ!そして、お次は魔法使い少女だぜ!更にはゴスロリの神官だぜ!と、色々役者は揃ってきたようです。話の内容としては、村を襲っていた龍を撃退といった所。

#04:見知らぬ地へ
ご一行は自陣に帰還。そこでは炎龍を自衛隊が追い払った事が話題に。そして、現地人と交流を深めたい自衛隊という感じ。次のステップは現地人を日本に連れて行く感じか。
posted by やまちゃん at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

2016年06月24日

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり vol.1 接触編 I

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり vol.1 接触編 I.jpg


#01:自衛隊、異世界に行く
ファンタジーな世界に飛ばされた自衛隊のお話。まさにファンタジー版戦国自衛隊かっていう感じで観てみたらむしろ逆にファンタジー世界の方から現代に来ちゃったって感じ。しかし、ファンタジー世界の人達は戸惑いもせずに銀座で蹂躙を始めるという中々にこれ重い展開だな(;゜ロ゜)
そんでもって、オタクで妄想癖なおじさん(?)が主人公で自衛隊の人という設定。何かここまで主人公をオタクにしなくても良かったんじゃないかなぁというのと、銀座とか新橋とか東京とか、そりゃぁ近いけど何か飛び飛びにワープしているようで何だか違和感。そういえば、ちょっと前に似たようなの無かったけ?

#02:二つの軍勢
なんかもう可哀想なくらいのファンタジー世界側の敗北。ここまで徹底してやって、着地は何処なのか…そして後半は主人公が指揮をとり、この世界の情報を集める流れに。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

2016年06月23日

ブブキ・ブランキ Vol.2

ブブキ・ブランキ Vol.2.jpg


#04:右手と拳銃
エンテイと、オーブ、それぞれの右手同士の戦い。何か最後ゴリ押しで勝った感じ。そして、次の四天王が主人公達の前に。

#05:剣と指輪
緑の髪の娘と、黄色い服着た四天王との戦い。どうやら二人は過去に面識がある模様だけど、女の子の方、性格が変わりすぎじゃ無いか?w

#06:灰色の宝石
今迄偉そうだった槍使いが、突如裏切り者になった保険医の先生みたいなのと戦って相手になってないかと思いきや、敵方で先生と呼ばれる強そうな人と、ホワホワとしたライフル使いが互角に戦ってて 皆の見る目が変わりましって感じのお話。でもって、叔父さん姪っ子の関係っぽいぞ。
posted by やまちゃん at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

2016年06月22日

ブブキ・ブランキ Vol.1

ブブキ・ブランキ Vol.1.jpg


#01:魔女の息子
双子(?)兄妹。アズマとカオルコ。そして、正体不明のロボットブランキ。それを治めるために子供たちと別れる母。息子たちと父親はオーブと呼ばれるロボットと共に地上へ。
10年の時が流れ新宿。アズマは久しぶりに日本へ来たっぽいが、ブブキと呼ばれる何かの心臓を探している政府関係っぽい人達に拘束されるが、ブブキの右手を持つ少女に助けられる。10年前に一緒に落ちてきたオーブと呼ばれるロボットを蘇らすのが目的のようだけど、正直まだ始まったばかりでこの世界の事がサッパリ分からないけど、何だか面白くなりそうな予感はする。このオーブだけど、ブブキってのがこれの分かれたパーツって事?

#02:炎の巨人
骨だけのオーブ。しかし、主人公の命の危機に反応して心臓が覚醒。右手ちゃんとかがやっぱりパーツとなり、オーブ復活。そこに、赤いブランキが登場といった前半。ロボット同士の重量感も中々良かったけど、なんかこう今ひとつ盛り上がりがたんない感じ?もう少し何か欲しいなぁ。

#03:心臓と手足
母の昔の事をしる女性から聞く、ブブキと母と万流の事。そして、アジトっぽいとこにモーゼルの人が襲撃。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

2016年06月21日

紫陽花寺

送信者 本土寺−紫陽花


去年は時期を逸してしまった紫陽花撮影でしたが、今年はバッチリ!満開の上天気も良すぎました(^^;

まずは、入口付近の奴をパシャリ。





そして、次第に奥に。









緑も綺麗ですね!











因みにこの日は、午前と午後の二度行きました。半券を持っているとその日だったら何度でも入れます。















隠れた所に三色に染まる珍しい紫陽花が!一緒に行った人に教えてもらいまいsた(^^;



という訳で、今年は中々良かったです。鎌倉の紫陽花も良いですが、ここも中々の物だと思っていたりするのですが、来年は他のところにも行ってみたいと思います!

posted by やまちゃん at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・カメラ/イベント・旅行

心が叫びたがってるんだ。

心が叫びたがってるんだ。.jpg


”あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない”のスタッフが制作した劇場作品。
小さいころ、自分の何気ないおしゃべりが原因で両親が離婚しそれが元で、喋れなくなった女の子が主人公。高校生になりやはり喋れない中、学校でふれあい何とか委員ってのに任命される。それにはクラスの他の生徒と会わせて合計4人。この4人のふれあい交流が話の主軸。
主人公が可愛らしく、話せない事を補うかのような動きを観ているだけでとにかく楽しい。そして、ふれあい交流会でやるミュージカル事態もとても良かった。そして何というか恋愛感情も前向きな感じで終わらせている所が良かったなぁと思う。
posted by やまちゃん at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2016年06月20日

クリミナル・ミッション

クリミナル・ミッション.jpg


ジョン・トラボルタ出演のサスペンス映画。
同級生の葬儀に出席し、久しぶりに顔を合わせた4人の男達。とある情報を元に株を購入するが、一夜にして紙くずに。借金をしていたマフィア(ジョン・トラボルタ)から取り立てを迫られ、お金の代わりのある男を誘拐して24時間換金して欲しいと言うもの。途中、誰がこうでどうなってっという部分が分かりにくい所もありましたが、全編を通してジョン・トラボルタの魅力と、誘拐犯になる4人が中々良い味を出していて飽きませんでした。トラボルタはお茶目な所が本当に良いんですよねぇ。
posted by やまちゃん at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2016年06月19日

うたわれるもの 第八巻

うたわれるもの 第八巻.jpg


#23:心の在り処
ついに、ジジイも自らの力では皇女を助けられないと悟り、ハクオロの元に。そして、じつは、羽の生えた金髪の人はハクオロの正体のいくばくかを知っている模様。

#24:滅び行くもの
クーヤの元に到着したハクオロ御一行。そこで池田秀一キャラの黒悪と思わしきDと呼ばれる人が、ゲンジマルを殺したり、黒い翼の人から本体?を目覚めさせたりと事態を動かしつつ、離脱。うーん何かこう色々としっくりこない進み方なんだけど結局の所ハクオロさんの正体がここまで引っ張ってもまだ全部明かされていない所が何ともかんとも…

#25:太古の夢跡
メインキャラのみでカミュを助けに。
そこで、池田秀一キャラとの一騎打ちという展開。次でようやく最終回か?長かった…

#26:うたわれるもの
最終回。
池田秀一キャラを倒し。自分は再び封印される道を選択するハクオロという展開。うーん・・・これで終わりだとちょっと正直物足りないよねぇ・・・だからこその、第二期なのかも知れないけど、ちょっと遅すぎるし・・・
という訳で、自分にとっては正直少し退屈な内容でした。26話もいらなかったなというか、なんというか。
posted by やまちゃん at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

うたわれるもの 第七巻

うたわれるもの 第七巻.jpg


#20:初陣
クーヤ皇女との密会が、正妻にばれるハクオロと、そんなクーヤの国に攻め込んでくる国を返り討ちにする、ロボット?

#21:大封印
周りの言葉に乗せられ、また、周りからも攻め込まれ全土統一を決意する皇女。この、攻められて、止むに止まれず感を演出しているのも黒幕と思われる白い翼の人っぽいな。

#22:忌まわしき契約
アルルが、傷つけられ、ハクオロ覚醒の巻。どうやらハクオロさんは、未来か、過去からやってきた模様?

posted by やまちゃん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

うたわれるもの 第六巻

うたわれるもの 第六巻.jpg


#17:幼き皇
引き続き、皇女っぽい人と密会。ていうか、若様が正直羨ましいんだが・・・

#18:解放軍
何故か女性キャラばかりで旅行をする事になったハクオロさん。まぁ旅行というか、カルラさんの都合?というか、里帰り?なんか最初は奴隷船みたいなのに乗せられてたと思うんだけど、すぐ側だった?

#19:決別
カルラさん出生の秘密とデリホウライとの協定。何かデリホウライの国の首領っぽい人が、自信満々に出てきた割にあっさり倒されてしまったんだがw
posted by やまちゃん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

うたわれるもの 第五巻

うたわれるもの 第五巻.jpg


#14:戦禍
兵達が疲弊したところに敵の総攻撃。そして、ハクオロは、敵本国へ少数精鋭での奇襲を計画する。

#15:宴の終わり
なんかハクオロさんが、モンスター化?して、敵の親玉を撃破。うん、なんかどうしたいんだろうコレ…

#16:戦いの果て
二ウェの影に覚えるハクオロ。そして、さる高貴な方っぽい人からのコンタクト。相変わらず、総大将は正直やる気があるんだかないんだか分からない存在だな…
posted by やまちゃん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

うたわれるもの 第四巻

うたわれるもの 第四巻.jpg


#11:永遠の約束
近隣各国と協定を結ぼうとしたところに、どうやらハクオロを知る国からの襲撃?なんでいまごろになって?って感じではある…

#12:動揺
ハクオロさんの、失われた記憶をを知ると思われる人から敵呼ばわり。

#13:血塗られた戦い
自分の正体が気になるハクオロ。なんかでも要するに別の人が何か、画策した結果のよう?そしてこの何とか族の女戦士も仲間になりそうだなぁ。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

2016年06月18日

うたわれるもの 第三巻

うたわれるもの 第三巻.jpg


#08:調停者
つかぬまの平和。どこぞの国からの使者が、国のトップについたっぽいハクオロの前に。

#09:禁忌
どうやら元々、支配されていたっぽい、より大きな国からハクオロの国を支配するぞという勧告と、間をおかずの侵攻。敵の備蓄を破壊する事で無事撃退。

#10:傭兵
奴隷船で流れ着いた新しい女性キャラ。多分現時点で最強キャラが主人公の陣営に。
posted by やまちゃん at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

2016年06月17日

うたわれるもの 第二巻

うたわれるもの 第二巻.jpg


#05:森の娘
決戦に向けて準備中の村人達。
しかし、虎、短期間ででかくなりすぎだろw

#06:集う力
ハクオロの元に集まって来る人々。関の向こうからも使者がきて、協力して、関自体を破壊。

#07:皇都侵攻
ヌアンギのいた砦を落とし、その勢いのままついに王の元に攻め入るハクオロ達。スムーズに王を倒して、侍大将も寝返らせた模様。しっかし、こんなに簡単に皇都がオチでも良いのだろうか?w
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

2016年06月16日

うたわれるもの 第一巻

うたわれるもの 第一巻.jpg


#01:招かざるもの
エルルという少女に助けられた記憶喪失の男。正直若干苦手な部類の絵だけど、観てみようと思います。

#02:荒ぶる森の王
主の怒りをかい、襲われる村。その神の弱点を見つけ討伐しようとする主人公達のお話。この、虎の子供の成長した奴がOPに出てくる虎か。

#03:紫琥珀
村の外れで病弱な子の容体を見るおババ。その妹のために頑張る兄が盗みを働き、村に目をつかられるという展開か。

#04:戻れぬ道
村に賊を捕まえに来た一団といざこざがあり、オババが犠牲に。そしてその弔い合戦をやってしまう村人達という感じ。確かにこれは、完全に山賊の野郎も悪いし、オババを助けるためとはいえ、石を投げたガキも悪いとは思う・・・
posted by やまちゃん at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

2016年06月15日

ルパン三世 東方見聞録〜アナザーページ〜

ルパン三世 東方見聞録〜アナザーページ〜.jpg


久々に見たTVスペシャル。
アナザーページと呼ばれる石版を狙うルパン。その石版はルパンに盗まれた事になり、そのついでに博士も殺されたことにされ、その孫娘も絡んできて、アナザーページに記されたお宝を追うという展開。何かこう、ちょっとばかりキャラデザインが違和感・・・そして、お宝のスケールも何とも小さいなぁという。ルパンのテレビシリーズも最初の1〜3作位までは面白かった記憶があるのだけれど、これじゃぁなぁ・・・
posted by やまちゃん at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

2016年06月14日

カンフー・ジャングル

カンフー・ジャングル.jpg


ドニー・イェン先生主演アクション映画。
香港警察に現れる一人の怪我をした男性。人を殺したと言う。そのひとは武術教官で禁固5年に。こちらが我らがドニー・イェン先生。それぞれの得意技を持つ武術家が次々と殺される事件が発生し、それを解決するために一時的に釈放され捜査に協力するという筋書き。全体的にはちょっとテンポ悪いけど、とにかくドニー先生と対する敵役が素晴らしい。凄い存在感。これだけでも一見の価値があったと思う。アクションシーンも勿論良いのだけれど、イップ・マン程では無かったかなぁとも思うが、最後は少し切なかったなぁ・・・
posted by やまちゃん at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

デッドプール

2016-06-05 08.40.03.jpg


実はアベンジャーズより楽しみにしていた本作品。期待通り、とても面白かった!
どう考えても悪い人間のウェイド君は、愛する人を見つけ幸せな生活を送るが、突如末期ガン宣告。わずかな望みにすがり、ヒーロー化手術を受けるがこれが完全に仮面ライダーな末路。醜い顔になり愛する人に会えなくなり、自分の体を改造した医者に顔を綺麗にしてもらう!っていう筋書き。

何といってもこの作品の魅力は身をはったジョーク。手術を受ける前、緑の服は止めてくれ!とかCG合成は勘弁!とか言っているのは、これこの役者が過去に演じて大ゴケしたグリーンランタンの事だよね?W
という感じでチョロチョロっと、他の映画のことを知っていると、また面白いです。

その他、アクションシーンも中々スタイリッシュで、良い感じ。コロッサス(で、あってたっけ?)との絡みも良かった。予算が無いからX-MENの家も空っぽで、サミュエル(役名じゃなくて、サミュエルって言ってたw)も出て来ないとかぶっちゃけも面白いw
というわけで、総じてとても面白かった。続編も楽しみだなぁ。

そして、スカーレットヨハンソンと離婚してたよね?今後アベンジャーズとかで絡んできたら面白そうw
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2016年06月13日

K RETURN OF KINGS 第7巻

K RETURN OF KINGS 第7巻.jpg


#12:Knuckle bump
赤も青のクランメンバーが青の王の元に。そして、灰色の王があっさりと負けてしまった…

#13:Kings
最終回。石板はシロのダモクレスダウンd破壊し一件落着。最後の本物の白銀の王が出てきたけど、体はどうしたんだ?
正直第一期は最終的な評価は良くなかったけど、二期は何か面白かった。てっきり青の王も死ぬもんだと思ったけど、まぁ彼は殺すには勿体無いか。
posted by やまちゃん at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

K RETURN OF KINGS 第6巻

K RETURN OF KINGS 第6巻.jpg


#10:Keystone
ああ、普通に伏見が、元青のクランてばれてるのか。
青の王が石板を奪われた責任を取り罷免される。シロは石板を破壊する方法を見つけるが、石板の解放も始まってしまう。
青の王が身軽になり、これからどうなるのかなぁ。

#11:Kali-yuga
多くの人が異能を手に入れ混乱する街。青の王が自らジャングルの本拠地に赴き、やっぱりというかフシミが、本拠地のゲートを開けるという展開。逆スパイだったわけですね。
posted by やまちゃん at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

K RETURN OF KINGS 第5巻

K RETURN OF KINGS 第5巻.jpg


#08:Kaput
青の王と灰色の王との闘い。そして、青の王の敗北。石板は奪われ、伏見は青の王と言い争い、音信不通っと。そしてこれ、緑のクランにはいるながれっすね。

#09:Kid's room
1ヶ月後、街では石板の影響で異能に目覚める人が。
伏見は劇場版の時に捕まえていた緑のクランの女性を脱獄させ、緑のJランカーに。これ、ちびっこの方と劇場版で戦っていたと思うけど気づかれてない感じ?
posted by やまちゃん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

K RETURN OF KINGS 第4巻

K RETURN OF KINGS 第4巻.jpg


#06:Keeper
石板を保管してあるビルに緑のクランが攻め込んできて、緑の王、自らが出陣。

#07:Kickdown
石板の間までたどり着いた緑の王だが、しかし燃料切れ。そこに第六の王、灰色の王イワさん登場。中々良い登場のしかただったなぁ。
posted by やまちゃん at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

K RETURN OF KINGS 第3巻

K RETURN OF KINGS 第3巻.jpg


#04:Knot
シロさん登場で、赤と青の王を集め同盟組みましょうという流れ。

#05:Ken
ようやく動き出したお話。金の王が管理していた石板を青の王が引き継ぎ、そしてそれを解放するのが目的と緑の王がシロに宣戦布告。
posted by やまちゃん at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

K RETURN OF KINGS 第2巻

K RETURN OF KINGS 第2巻.jpg


#02:Kindness
なんか、先代赤の王と同じ声のキャラ出てきたけど、関係あるのかな?
青からも赤からもここに居ていいと言われる猫だが帰る家はちゃんとあるっていう締め。

#03:Kismet
緑の王も出てきて、いよいよシロも登場。思ったよりあっさり帰ってこれて安心。
posted by やまちゃん at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

K RETURN OF KINGS 第1巻

K RETURN OF KINGS 第1巻.jpg


#01:Knave
映画版の続きからのはずが、序盤で先代赤の王が出てきて少し混乱。いや、もう出てこんでいいでしょ。紛らわしいだけや。それにしても、唯一のお色気担当の淡島さん頑張ってるな…いいぞ!もっとやれ!
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA