2016年08月30日

僕だけがいない街 2

僕だけがいない街 2.jpg


#03:痣
過去に飛ばされてはみたものの、事件の日が何時だかわからない主人公。記憶から雛月だけ10歳だったと言う事を思い出し、それを本人に確認しようとする。しかし教えてもらえず、担任の先生に自分と同じ3月1日である事を知る。
そして、DVの事を先生に相談するも先生は気づいており何だか協力者っぽい感じもするが、今のところ殺人犯として一番怪しいのもこの先生な気がする。ところで、主人公役は声優じゃなくて俳優・女優だけど、少年役の方はちょっと、おかしいいけど、大人役の方の落ち着いた演技は特に良い感じだなぁ。

#04:達成
Xデーまであと1週間。土曜日に一緒に科学館へと誘うが、雛月の母親が強烈に拒否。しかし、主人公の母親は頼りになるなぁほんとに。そして、Xデーまであと1日。そして当日・・・無事家まで送り届ける。次の日、主人公がハラハラしながら家に迎えに行く所はこっちまでドキドキ。そして無事二人で誕生日を迎える事が出来てハッピーエンドっていう感じなのだけれど、何か次話が怖いっ・・・
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA