2016年11月10日

昭和元禄落語心中 第7巻

昭和元禄落語心中 第7巻.jpg


#12:八雲と助六篇J
旅館の一室で久々にやる落語。そこにみよ吉も見に来て、色々すったもんだあり、助六とみよ吉が旅館から転落。なるほど、こうして2人が死んでしまうのか…

#13:
小夏を引き取り、八雲を名乗る事を決意するキクヒコ。そして現代に戻る。現代では与太郎が、真打昇進を決め、そして小夏には父親のわからない子供が。最終回だけど第二期決定!
この作品は何よりもその声優の演技がポイント。実際に落語もやるもんだから、そりゃぁ中途半端な声優には務まるわけはなく、山寺宏一と石田彰で文句は無い。いやぁ、本当に面白かった!
posted by やまちゃん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

昭和元禄落語心中 第6巻

昭和元禄落語心中 第6巻.jpg


#10:八雲と助六篇H
公演後倒れる師匠。そのまま亡くなり、キクヒコはその間際に助六との因縁の話を聞く。一段落した後、キクヒコは、助六とみよ吉に会いにとある宿場町に。ようやく、過去編の終着点が見えてきた本作。何か結局は八雲と助六がイチャイチャして終わりっていう予感がw

#11:八雲と助六篇I
宿場町で仕事もせず、みよ吉にも逃げられた感満載の助六。キクヒコがやってきたときの嬉しがりようはw
小夏と一緒に助六のケツを叩き生活を改善していくキクヒコ。もう完全に本妻ですがな。でもって、こん二人が小夏の前で見せる二人でやる落語がそちゃまた楽しそうで、楽しそうな雰囲気が存分に出ていてスゴく良かった。うん。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA