2018年01月12日

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーリミックス.jpg


第二作目。正直前回盛り上がりに欠けた感があったのだが今回はどうか・・・
前作では出てこなかった、主人公ピーターの父親が登場。やっぱり、少し尺が長すぎな気もしますが、前作よりは面白かったかも。青い人が居なくなるのはちょっと残念かなぁ。
posted by やまちゃん at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

イコライザー

イコライザー.jpg


デンゼル・ワシントン主演のアクション映画。
コストコみたいな所に勤めるデンゼル。ピリッと規則正しい生活をしているような感じだけど、深夜に決まってファミレスで本を読む。そこに顔なじみになった娼婦がいてその彼女が酷い目に会い思うところがあり、その相手を皆殺しに!(;゜ロ゜)
当然、元締めの組織から調査の人が来てその人と対決するような流れ。この適役も貫禄タップリで久々に良い適役を観たって感じなのだけれど、主人公が実は元諜報員で常に一枚上手の完璧っぷりで正直ちょっと可哀想っていう。
久々に気持ちの良いスカッとした映画でした!
posted by やまちゃん at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 VOL.09

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 VOL.09.jpg


#49:マクギリス・ファリド
マクギリスは一人で闘いを挑み、そして友に負け、お亡くなりに。いや、もう何かこんなにつらい内容は久しぶりやなぁ・・・

#50:彼等の居場所
アキヒロと三日月を残し他はトンネルを抜けて無事脱出。しかし、2人は・・・(;´д⊂)
そして、タップリ余裕のあるエピローグ。これは良かった。ミカの子供もちゃんと産まれていて、そこだけは本当に良かった(;´д⊂)
全体を通して、非常に男臭く、個人的には大好きな内容でしたが、正直言うとミカやオルガがちゃんと生き残って欲しかった。とはいえ、このエピローグを観るとここにオルガや、ミカの居場所は無いのも事実かなぁとも思ってしまった。
そして、これはガンダムでやる必要はあるのか?と言われていますが、確かにガンダムでやる必要は無いと思いますが、例えガンダムと付いてなくても面白い作品であったと思います。ただ、本当にマクギリスが見掛け倒しで、そこは只々勿体なかった。本当に勿体なかった。
劇場版を作るなら、マクギリスがガンダムを手に入れた辺りからの展開を全く違うものにして欲しい。
posted by やまちゃん at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 VOL.08

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 VOL.08.jpg


#46:誰が為
希望の一撃が外れ、もう打つ手なし?取り敢えず撤退するしか無いマクギリスと鉄華団。

#47:生贄
火星に戻ってきた面々。ていうか、いつのまに三日月先生、アトラと子作りしてんの!?(;゜ロ゜)
そして、ギャラルホルンと手打ちにしようとするオルガに対し、ギャラルホルンは断固拒否。これは、全滅するしかないのか・・・(;´д⊂)

#48:約束
火星脱出を目指し、地球と連絡を取りに街に行くオルガ達。そして、脱出への光明が見えた末にオルガが(;´д⊂)
posted by やまちゃん at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 VOL.07

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 VOL.07.jpg


#43:たどりついた真意
マクギリスの革命。それに手を貸す鉄華団。何だか、鉄華団そっちのけで、マクギリスと、ボードウィン卿のやり取りが盛り上がってるぞ??(;゜ロ゜)

#44:魂を手にした男
ついに假面を取ってマクギリスに対し徹底抗戦の構え。伝説のガンダムに乗れた私が一番偉い!って理屈でギャラルホルンのトップの座に座ろうとするマクギリス。ただ、どうにもマクギリスの風向きが悪い感じ。これが最後と言い聞かせ、アリアンロッド艦隊と事を構えることに。何だか嫌な流れだなぁ・・・

#45:これが最後なら
これが最後と言い聞かせながら突入した戦闘。鉄華団側は非常に分が悪い。アリアンロッド側は、ダインスレイブまで持ち出し、勝ったなガハハ状態。いや、流石に汚いやり口なもんで、鉄華団とマクギリスを応援してしまう流れだな。起死回生の一手を持って、突っ込む鉄華団とマクギリス。
posted by やまちゃん at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA