2015年02月08日

BLOOD-C 6

BLOOD-C 6.jpg


第十一話「たれをかも」
死んだはずのノノ&ネネが出てきたり、先生に乳揉まれたり・・・何か、誰かに作られた世界と記憶?トキザネ君も生きていたリとか、サヤの他は誰かのしなりを似したがって演技しているだけ?そのキャスト同士があれやこれやと言い争いする中、ラスボスのフミト登場!
何となく全体の輪郭がようやく見えてきた!面白くなってきた!

第十二話「わすれじの」
フミトがラスボスで、サヤを捕まえて飼いならす(?)ため、島もその島民も用意された物で、お父様も誰もかも赤の他人だったというオチ。そして劇場版に続く!

いやぁ、面白かった。お父様との闘いの殺陣も良かった。個人的には最初の3話位はやはりイラなかったかなぁとも思う。その分劇場版でやる内容を入れて全12話で良いのではと。
posted by やまちゃん at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/113395244
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック