2015年11月15日

チャッピー

チャッピー.jpg


南アの凶悪犯罪に対抗するため警察に導入されたロボット警官。そのソフトウェア開発者が夢見ていたAIがついに完成。それを度重なる任務により廃棄処分されかかった22号にインストールしようとしたところ犯罪者の手により誘拐されてしまう。誘拐された先でAIを22号にインストールし無事成功。そしてそれが題名にもあるチャッピーと名付けられるといった寸法。

しかし、チャッピーはそのまま誘拐犯の元で、育てられるというのが主な内容なのだけれど、正直このギャングが普通に殺されてもおかしくないクズ野郎なので、全く感情移入出来ず、ハッキリ言って退屈でした。オチはとても良かったんだけど、全体的に私には合わなかったのかなぁ。前評判はとても良かっただけど個人的には残念でした・・・
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168158815
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック