2008年08月04日

AFRO SAMURAI 劇場版

アフロ+サムライ
このテイストだけで観ようと思って観てみました。
お話は良くある敵討ち物で話し的には特に観る所はありませんが、時代劇というのは何というか儀式的というか決まり切っている物だと思いますので全然オッケーです。その決まり切った中で何をどう見せるかと言うところがポイントになるのです。
そういう意味では本作では何かちょっと気持ちが乗りきれませんでした。アクションに溜の部分と見栄の部分がないという感じです。もうちょっと何かあればなぁという感じです。
posted by やまちゃん at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17607334
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック