2017年03月26日

告白

告白.jpg


終業式の日、自分の子供が自分の生徒2人のイタズラが元で殺された先生(松たか子)が生徒達に向け淡々と事件の内容を語る。それが元で2人の生徒は、一人は引きこもりになし、もう一人はクラスからのイジメを受ける事に。どこまでが、嘘でどこまでが本当か、常にそして最後まで考えさせ続けられましたが、最後の松たか子のセリフで全部吹き飛んでしまったが、このセリフ自体も奥が深い。
全編通して緊迫感の塊で、復讐劇として単純に観ても面白い作品でした。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179218021
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック