2019年04月16日

劇場版 はいからさんが通る 後編〜花の東京大ロマン〜

劇場版 はいからさんが通る 後編〜花の東京大ロマン〜.jpg


満州に行ってみたものの、少尉の部下だった人には出会えたが少尉には会えず。日本に戻って来たら、ロシアからの亡命者が少尉と瓜二つ。どうやら、少尉は記憶喪失の模様で、さてどうやってラストを迎えるのかというのが話しの本筋。とはいえ、少尉の記憶は早々に戻り、ちょっぴりドロドロな感じがしつつも、編集長が全ての帳尻を合わせる役で何とも不憫なのだけれどまぁしょうがないか・・・(´iωi`)
そして、最後のナレーションが横沢啓子さん!これは嬉しい!泣ける!(;´д⊂)
今更ながらに「はいからさんが通る」をアニメ映画化って何事かと思ったけど、何とも全体的に作品愛に溢れた良い映画化でした!
posted by やまちゃん at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185870095
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック