2020年01月17日

フォードvsフェラーリ

2020_01_09_2051_083.png


昨年から楽しみにしてた、マット・デイモンとクリスチャン・ベール出演の、実話を題材にした映画。思っていたよりFordがクソだったのは置いておいて、クリスチャン・ベールは久々にハッとするような演技で素晴らしかったです。コースも、ゲームでおなじみのウィロースプリングが出てきたりしてましたが、ルマンのコースは、当時と現在は違うものとはいえ(ユノディエールのシケインが無かったり、ポルシェコーナーの先がシンプルだったり)、ほぼストレートしか見せ場がなくて正直がっかりでしたが、それでもFordGTのカッコよさは堪能できました!(*´∀`*)
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187051941
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック