2021年06月27日

ランウェイで笑って

ランウェイで笑って vol.1.jpg

#01:これは君の物語
身長が足りないけど、パリコレモデルを目指す千雪と、お金がなくファッションデザイナーを諦めようとしている育人が、偶然お互いの夢を知り、共に叶えよう的なお話。2人とも高校生ぽいが、千雪が着た育人の服バズって早くも仕事が舞い込んで一歩リードと言った所か。

#02:プロの世界
おかっぱ君は雇ってもらえなかったけど、その熱意をかわれ、有望株のデザイナー事務所を紹介してもらうが、いきなりの挫折。それでも必死にしがみつく姿勢が素晴らしい。その甲斐あって(?)将来を決めるショーでビックトラブル発生で、どうする?!って感じの中々熱い展開に。

#03:ランウェイで笑って
ギリギリの時間で服を直し、無事ショーを終わらせ、どうやら認められた感じのオカッパ君。中々良い展開だった!


ランウェイで笑って vol.2.jpg

#04:若き才能たち
何か変な天才肌のデザイナー登場で、オカッパを取り合ってる!

#05:それぞれの流儀
服飾学校のショーに参加することに。いろいろな人の目に止まって成長していくオカッパ君。それとは別に、そろそろ普段の学校生活とかも観たいのだけれど・・・

#06:優越感と劣等感
オカッパは何だかんだ言われながらも本戦出場決定。一方千雪の方も仕事を一つ掴んだものの、こちらはちと厳しい感じ。オカッパ君の他人の作品も素直に褒めるところは非常に交換が持てる。


ランウェイで笑って vol.23.jpg

#07:存在感
お金がないオカッパが、孫デザイナーを手伝う感じになりそうだったりしたけど、結局無し?そしてモデルデザイナーも予算通過だけども、オカッパのお母さんが危ないっていう展開に。なんというか、ここまで女性キャラが中々に良くてお話自体も面白い。

#08:デザイナーの器
オカッパ君が負のスパイラルに。お母さんの入院日を払うためというのはわかるがし、なんだかんだで、デザインを売ってお金を作ったけど、だから普通のバイトするより、今のファッション事務所の手伝いの方がお金になるんじゃないの?っていう。あと、治療費はローンが効くと思うな。

#09:好敵手
ちびっこにモデルを頼むも、何か色々あって、モデルデザイナーの方に出演する事に。大きく三つ巴の戦いになった感じだけど、結局モデルどうすんの?


ランウェイで笑って vol.24.jpg

#10:負けられない
ついに始まった芸華祭。イクトは、3人の中ではトップバッター。キッチリ高評価が貰えそうなのだけれど、まぁ多分石田彰が優勝なんだろうな・・・・

#11:約束
千雪と心ちゃんのショー。こちらもまずまずの反応。どう優劣つけるのかしらん。

#12:これは僕の物語
最終回。
孫息子は、実質1位だったものの、辞退した結果心ちゃんがグランプリ。育人は評価されつつも11位と無難な結果になって、終わってみると色々都合の良い無難な結果に。うん、まぁこうだよねぇという感じ。まぁここで育人が3位以内に入ったら出来すぎだとは思ってた。この跡も原作は続いているわけだけど、これは続きが観たいです!
posted by やまちゃん at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・OVA
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188795460
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック