2011年05月23日

アンノウン

20110523.jpg


リーアム・ニーソン主演のサスペンス映画。
学会の発表のため、ドイツにやってきた主人公夫婦。とあるきっかけで主人公は交通事故に会ってしまい、4日間の昏睡後、妻の所に戻ってみると「あなたなんて知らないわ」と言われて混乱する主人公っといったストーリーです。

予告を見る感じ、突然主人公が社会的に入れ替わられてしまい、さてどうやって自分を自分と証明しようかという、バイオ科学的というかクローン人間的な何かと思いながら観ていたら良い意味で裏切られる良い作品でした。思わず、「学者のくせに車の運転上手すぎだろっっっw」とか心の中で激しく突っ込んだりしましたが、本当に上手に騙されていた事に、してやられたと納得してしまいました。

かなり思わぬところから出てきた良作で、久しぶりのめっけもんといった感じでした。
posted by やまちゃん at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45435454
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック