2011年05月25日

チルドレン・オブ・ホァンシー 遥かなる希望の道

20110525.jpg


チョウユンファと、ミシェールヨーが出演してるんで観てみましたが、じんわりと良作でした。

時代は、日本軍が中国を占領している時代。丁度、閃光のナイトレイドの時位ですかね。南京に潜入した記者が主人公なのですが、最初はバリバリの戦争映画かと思いきや、主人公と子供達との交流を描いた作品のようです。因みに、タイトルの意味はホァンシー(黄石)の子供、って言う意味です。

何となく三部構成で、1:主人公がフォアンシーに辿り着くまで、2:フォアンシーでの、子供達との生活、3:子供達との旅といった感じです。意外と所々に出て来る戦闘シーンにも力が入っていて、豪華な作りになっていました。
posted by やまちゃん at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45456798
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック