2011年09月21日

ロビン・フッド

20110921.jpg


リドリー・スコット監督、ラッセル・クロウ主演作品。個人的にロビンフッドって馴染みが無いのですが、きっとこれはかなり脚色が入っているのでしょうね。やはり見所はお金をふんだんに欠けたと思わせる舞台設定につきます。匂いまで画面から伝わってきそうなその雰囲気は流石です。惜しいとすると、余りにもスムーズに話が進み過ぎていて、ロビンフッドがああも戦う理由に共感出来なかった事かな・・・
posted by やまちゃん at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48055261
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック