2020年05月27日

甲鉄城のカバネリ 海門決戦

甲鉄城のカバネリ 海門決戦.jpg


テレビのその後のお話。金沢に着いた一行が、そこでカバネリと戦っている連合軍を支援するという内容。とある通過地点での1戦闘なのだけれど、相変わらずアクションシーンは良いし、無名ちゃんは可愛い。そして、侑那姉さんの筋肉も健在と、何も言い事は無し。最後のはよさこい?個人的にこういうのは好きです。闘いの後、笑顔で踊っているシーンが、印象的で早く平和な世の中になって欲しいと言う感じで、まさか最後に泣きポイントが待っているとは思ってもみませんでした。

posted by やまちゃん at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

甲鉄城のカバネリ 総集編

甲鉄城のカバネリ 総集編.jpg


前編 集う光、
以前テレビでやっていたシリーズの総集編映画版前編。流石に記憶が曖昧で、新規カットがあるのかもしれないが気づかない状態で視聴。
とある街にやってきた、カバネリと無明、その後襲いかかるカバネリ、生駒のカバネリ化、そして脱出、そして無人駅立ち寄りと、TV版で言う所の6話迄をまとめた感じだけど、特に無理やり纏めた感じは無く好印象。やはり、1〜2話の無明のアクションは流石の出来で、何度観ても良い。

後編 燃える命
ようやく人のいる駅に着いて一段落。そこに、無明の兄様である、ビバ様が。
後は、TV版の流れ通り、ビバ様が黒幕となり生駒と戦うわけだけど、やっぱりカバネリはビバ様が出る迄が面白いかなぁ・・・
posted by やまちゃん at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年05月26日

マイマイ新子と千年の魔法

マイマイ新子と千年の魔法.jpg


「この世界の片隅に」の片渕須直監督作品。
田舎に住む妄想(?)好きな女の子と、都会から引っ越してきた田舎に馴染めない女の子が、子供の頃特有の感性で生活している日常系(?)のお話。「この世界の片隅に」の頃から、その内容の良さの噂は聞いていましたが、個人的にはこの手のお話は私には合わないという感じですが、こう言う作品は大事だと思うので、作り続けてほしいです。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年05月25日

映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説

映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説.jpg


モテ期到来!を合言葉に、一行がめぐみんの故郷に行って、そこで魔王軍の幹部と闘ういつもの感じ。いつものアクア様名言集は大体出てきたかな。この作品、内容よりキャラ同士の掛け合いが本当に楽しくて大好きです!
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年05月24日

運び屋

運び屋.jpg


クリント・イーストウッド主演監督作品。
家族を顧みず、花を育てる仕事に全てを捧げる主人公(クリント・イーストウッド)が、金銭面でどうにもならなくなるが、偶然であった一人の男の誘いで麻薬の運び人になってしまうお話。
途中から主人公も自分が犯罪を犯している事を自覚しながら運び屋を続けるもんで、これはもうろくな最後を迎えないんだろうなと覚悟しながら観ていましたが、
最終的に考えられる限り最高のハッピー(?)エンドになっていて観終わった後も清々しい気分でした。なんだかんだで、役者としてのクリント・イーストウッドが素晴らしすぎて、もうたまらんですね・・・
ていうか、娘役はマジのもんの娘だったのか。
posted by やまちゃん at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年05月23日

劇場版 幼女戦記

劇場版 幼女戦記.jpg


テレビからの続きで、まずは砂漠での戦い。そして間髪入れず極寒の地での戦いと、本編の殆どが戦闘シーンと、隊長訓示のシーン。テレビの最後でターニャに父親を殺された、少女が兵士に志願してたけど、今回その少女が狂ったようにターニャに絡んできて、あと一歩までターニャを追い詰めるが、逆にターニャに殺されそうになるところを仲間に助けられ、これは後々再登場かな。いやぁ、もっと続きが観たいですねこれ!
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年05月15日

海獣の子供

海獣の子供.jpg


同級生と上手く行かない女の子と、ジュゴンに育てられた少年2人の出会いと、その少年を研究する大人達。その大人達が言う「祭り」とは?
お話は大分フワッとした印象でしたが、映像の方はというと、とんでもなく良かったです。キャラデザは正直好き嫌いはあるかと思いますが…
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年05月06日

ライオン・キング

ライオン・キング.jpg


ディズニーの、3DCG版の奴。
いやもう、とにかく動物のCGが凄い。ついにここ迄来たかーという感じで正直びっくりした。話の流れは、多分アニメ版と一緒で、現王が、弟の計らいで殺され、その息子が仇討ちをするという感じ。正直、子供ライオンの性格は好きでは無いCG的にはものすごい楽しめた。
それにしても、メイキングで観て、作品の作り方が物凄かった。一旦VRの世界を構築して、そこでアナログの機材にセンサーだけ付けて撮影とか、考えることが凄すぎるな・・・
posted by やまちゃん at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年04月29日

BLACKFOX

BLACKFOX.jpg


忍者の家系の娘が、科学者の父と、祖父を殺され復讐するお話。アクションシーンや全体の雰囲気は悪くないのだが、いかんせんお話が雑過ぎたかなぁ・・・
posted by やまちゃん at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年04月28日

名探偵ピカチュウ

名探偵ピカチュウ.jpg


ポケモン実写映画。
父親の死を知らされ、父親の部屋に行くとそこには、ピカチュウが。ピカチュウの言葉が何故か分かり、父親が追っていたと思われる事件に巻き込まれていくという筋書き。
実写としては中々楽しめる作品でした。ピカチュウのおっさん声は若干戸惑いましたが・・・
posted by やまちゃん at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

ファーナス/訣別の朝

ファーナス訣別の朝.jpg


クリスチャン・ベール主演。交通事故を起こしたクリスチャン・ベール。服役後街に戻ってみると、恋人は別の男の子を身ごもり、また元々問題のあった弟は賭け試合に。
posted by やまちゃん at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

デンジャラス・ラン

デンジャラス・ラン.jpg


デンゼル・ワシントン、ライアン・レイノルズ主演のスパイ物。CIAの裏切り者とされているデンゼルが、とある諜報機関から入手したとあるリストをCIAが奪い返したいって内容。ライアン・レイノルズは数あるセーフハウスの一つの管理人で、そこにデンゼルが連行されてきて・・・・って感じのストーリー。
相変わらずデンゼル・ワシントンは貫禄十分で観ているだけで満足出来るのだが、お話自体は正直浅かったかな・・・
posted by やまちゃん at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年04月20日

ザ・ファイター

ザ・ファイター.jpg


マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベール主演のボクシング物。
ボクシング選手でもあった兄(クリスチャン・ベール)が、弟(マーク・ウォールバーグ)をコーチしているが、私生活がクズでどおうしようも無い感じ。そんな家族に愛想を尽かし、恋人と応援してくれる父親とともにボクシングを続ける弟と、刑務所内で観た自身のドキュメンタリーで目覚める駄目兄貴。色々ぶつかり合いもあったけど、最終的には兄貴とチャンピオンになった感。やはり、兄貴役のクリスチャン・ベールが秀逸でした。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年04月19日

マイル22

マイル22.jpg


マーク・ウォールバーグ主演。イコ・ウワイス出演の特殊部隊物。盗まれたセシウムの場所を知る男(イコ・ウワイス)が、アメリカへの亡命を希望し、敵に襲われながらCIAの特殊部隊が飛行場まで護衛するという内容。相変わらずイコさんは良いが、アクションはまぁまぁ少なめ。一応どんでん返しもあるけども正直良いお話とは思えなかったかなぁ。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年04月10日

トリプル・スレット

トリプル・スレット.jpg


トニー・ジャー、イコ・ウワイス主演。中国人犯罪を撲滅しようとしる社長令嬢をよく思わない組織が、MI6に捕らわれているコリンズをいう男を助け出すために一つの村を虐殺。その村にいたイコ・ウワイスと、その作戦に騙されて参加していたトニー・ジャーが最終的にはその社長令嬢を護衛するために手を組むという感じの内容。
正直言って、期待していたには程遠いかなぁ。アクションが良ければストーリーなんてどうでも良いのですが、肝心なアクションが弱い。何度も見直したくなるようなシーンがありませんでした。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年04月02日

アクアマン

アクアマン.jpg


ジャスティス・リーグでは既に活躍していましたが、アトランティス女王である母親から産まれる所から話が始まり、現代での活躍を描く作品で現代では既にオッサンっていう、あまりにも子供の頃から長い時が経っていて、すんごい違和感があるのだけれど、水中やら海中やらのアクションシーンが素晴らしいのなんの。話の筋としては、海洋汚染の元となっている地上人と戦争しようっていう、異父弟を止めようと主人公が、アトランティスの王となるという感じ。つうか、このアクアマンかっけぇなぁー。個人的にはDCの中で、クリスチャン・ベールのバットマン以来のお気に入りな気がする。
posted by やまちゃん at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年04月01日

リメンバー・ミー

リメンバー・ミー.jpg


ピクサー映画にハズレ無し。家訓で音楽を止められそれでも音楽をやりたい少年が、死者の日にひょんな事から死者の世界に行き、そこでご先祖様と会い、音楽禁止の家訓そのものの理由解決するという内容なのだけれど、これが色々な伏線を全て感動に繋げている凄い作品でした。何か、先祖から続く家族愛物というと、個人
的に人生最大のクソ映画を思い出してしまったりしますが、本作は真っ向から泣かしにかかってます。そして、まんまと泣かされました。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年03月31日

ドリーム

ドリーム.jpg


ソ連に有人宇宙飛行を先にやられ、巻き返しを図るNASAという舞台を通じてを黒人女性達の活躍を描くお話。子供の時に数学の天才と周囲に認められ、NASAに就職するも、黒人の女性であったため実力が認められず、白人の女性上司にも虐められるが、実力で周囲を認めさせて最終的にはロケットを飛ばすための重要な人物になっていく過程が、脚色が相当あったとは思われるが痛快で面白かったです。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年03月30日

ゾンビランド:ダブルタップ

ゾンビランドダブルタップ.jpg


10年越しの続編。たぶん、物語の中も10年経ってる感じ?メインの4人は前作と同じでやっている事はそう変わりが無いのに、より仲間感が強まっていて観ていてとても楽しい作品でした。それにしても、妹の劣化っぷりは観ていて少々痛々しかったな・・・(;´д⊂)
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年03月29日

ゾンビランド

ゾンビランド.jpg


既にゾンビのほうが多くなってしまったアメリカ。安住の地など無いと知りながらそれを求めて旅をする4人の男女という感じ。しかしこの4人はそもそも他人で騙し騙されながらも、ゾンビを倒してて行く間に絆が生まれるという立て付け。変に辛気臭さがなく、色々と楽しめる内容でした。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)