2019年01月31日

劇場版総集編 前編 メイドインアビス 旅立ちの夜明け

2019-01-12 09.38.32.png


テレビ版総集編の前編。
冒頭新規カットが入りライザの姿を見せつつ、オーゼンの特訓を受け監視哨を、旅立つ所まで。流石に2時間近い時間があるのでカットされて物足りないと思うところは全くなく、これだったらテレビ版見てない人でも良いかもといった所。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2019年01月24日

悪女/AKUJO

悪女AKUJO.jpg


女スパイ物韓国映画。
冒頭の一人称でのアクションシーンから、鏡に自分自身が映り、そこから三人称視点でのアクションシーンになる流れが凄すぎて、その後のアクションシーンが霞んでしまうほど。
内容的には二転三転ありの復讐物で最後までドキドキしっぱなしで非常に面白い。そして、アクションシーンの出来がとても良く、特にカメラワークがすごい。こういう映画は中々狙って出来るものでも無いと思うがまた作って欲しい!
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2019年01月14日

カメラを止めるな!

カメラを止めるな!.jpg


今年の映画初めは、昨年話題になった”カメラを止めるな”です。正直見るものが無くて、消去法で昨年観ていなかったこれでも観てみるかぁ程度の物でしたが、しっかり面白くて、今年の映画初めは満足のいくものとなりました。やっぱり、漏れ伝わっていた通り構成が素晴らしくて、伏線とはちょっと違うと思うのだけど、冒頭観ていてあれ?って思っていた所をしっかりとフォローされてる作りは満足度の高いものでした。

因みに、当日は特別上映だったようで、舞台挨拶付きでちょっと得した気分を味わえましたw

2019_01_01_0000.jpg
posted by やまちゃん at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2019年01月13日

ブレイキング・ドーン Part2/トワイライト・サーガ

ブレイキング・ドーン Part2トワイライト・サーガ.jpg


出産が原因で一度は死んだベラが吸血鬼になって復活。産んだ子供はすくすく育つだ、今度は本家に目をつけられ戦うことに。何だかんだで、問題は先送りな結末?でもって、狼男君はまさかの娘さんゲット??
何はともあれ、観終わった!
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2019年01月12日

ブレイキング・ドーン Part1/トワイライト・サーガ

ブレイキング・ドーン Part1トワイライト・サーガ.jpg


回を追うごとに見るのがしんどくなって行く本作。今度は前後編。
吸血鬼の方の彼との結婚式。からのハネムーン。そして、子供がイキナリ出来ちゃって大慌て。お腹の子供が原因で衰弱死、まさに命がけで出産という内容。うーーん・・・狼の彼が可愛そうすぎる・・・><
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2019年01月03日

エクソダス:神と王

エクソダス-神と王.jpg


タイトル通り、言わいるモーゼのエクソダスを題材とした、クリスチャン・ベール主演映画。
モーゼさんというと、例の海を割る奴が有名だけど、この映画のモーゼさんは、そこまで神がかってない感じ?いずれにしても、初めの鰐から始まる一連のエジプトに襲いかかる不幸が中々に壮大でそこだけは凄かったのは間違いないのですが、いかんせん長すぎなような気が・・・
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2018年12月27日

マグニフィセント・セブン

マグニフィセント・セブン.jpg


いわいる、七人の侍、荒野の七人を元にした映画。
とある街で支配する悪党を外から来た七人が成敗するとう筋書き。

主演はデンゼル・ワシントンと個人的に好きなイ・ビョンホン七人の内の一人。
そして今回のデンゼル・ワシントンは結構顔がシュッとしていてだいぶ絞ってきた印象。話の流れは予想が付くものなので安心して見れる一方、若干各キャラクターの役割分担が甘かったかしら?
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2018年12月26日

ダウンサイズ

ダウンサイズ .jpg


マット・デイモン主演作品。
とある研究で副作用なく人間のサイズを小さくする事が可能になった世界。当然、衣食住すべてが今よりも安くなり、主人公夫婦もからだを小さくするという筋書き。

当然、食べ物を作る人達は体が大きい必要があり、知的労働者は逆に小さくでも問題がない・・・そして、歳を取って働けなくなった人は小さくなって食費や住居にかかる費用を抑えることが出来るのは魅力的に思える。

そんな中、マット夫婦は直前で奥さんのほうが小さくなる事に怖くなりマットだけが小さくなり離婚という最悪のスタート。この辺りまでは面白かったのだけれど、最終的にはなんかとっちらかってしまった印象が強いかな。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2018年12月25日

ラッシュ/プライドと友情

プライドと友情.jpg


若きジェームス・ハントとニキ・ラウダの正に命を賭けたレース人生のお話。何か主人公はジェームス・ハントな感じなんだけど、実際にはニキ・ラウダだよね?これ。
いやもう、レースシーンは正直物足りないけど、映像的には物凄く良い感じ?やっぱりレースはいいなぁ!
posted by やまちゃん at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2018年12月10日

MASTER/マスター

MASTERマスター.jpg


イ・ビョンホン主演の詐欺師と警察との化かし合いが主な内容。
それにしても本当に今回のイ・ビョンホンも貫禄たっぷりで観ていて楽しいし、二転三転する裏切り劇も良くできている。正直こんな映画が作れる韓国が羨ましくもある。実際問題良くできていました。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2018年12月09日

機動戦士ガンダムNT

2018-12-14 22.05.29.png


UC直後のお話から始まる劇場用新作だけど、正直満足できなかった。
1年戦争時、少年少女だった3人がニュータイプ研究の犠牲になりながらも成人し、一人はフェネックスに関わっていたり、もう一人はルオ商会に関わっていたりと、中々面白い設計にあるにも関わらず、正直映画としては大分格下感が否めなかった。
劇伴も盛り上がるところはなく、なんだか変に過去作の映像も入り、うーん…

それでもやっぱり、UCに出てきていた3人が出てくると盛り上がるし、流石ミネバ様!って感じはするのだけれど、ぶっちゃけ今回の主人公を今後のUC2とかにも出してくれないと、この作品自体いらない子になっちゃいそう…
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2018年12月08日

『orange-未来-』

『orange-未来-』.jpg


劇場版。
60分の内、最初の20分位はTV版のダイジェスト。それからもTV版の使い回しをやりつつ、所々に新作カット。TV版と違う翔と結婚したっぽい未来も出てくるけど、そうするとやはり須和君が不憫過ぎて観ているこっちは正直素直に喜べない。やはり根本的な三角関係の決着のさせ方が好みでは無いようだ。ぶっちゃけ、某F並にひどいw
そもそもこれ60分で映画にする必要あった?これ劇場に観に行ってたらガッカリしてた気がする。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2018年11月30日

スター・トレック BEYOND

スター・トレック BEYOND.jpg


救難信号を受け救援に向かうも、突然の敵対勢力からの不意打ちで、船はぼろぼろになり、クルーも緊急脱出のせいで散り散りに。そこから、クルーがサイド集結し、敵を倒すというのが大まかな筋書き。
今回も中々に映像的に満足できる作品で、新キャラの異星人のお姉ちゃんも良かったっす。これで、一応三部作終わってしまったけど、まだまだ続ける感じよね?
posted by やまちゃん at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2018年11月29日

若おかみは小学生!

2018-11-10 20.33.35.png


評判が良かったので、映画館でも急遽上映をしたりって感じで、いつも行く日比谷でも再上映するという事で思いつきで観に行ってみました。
交通事故で両親を一度に亡くしてしまった小学生が、おばあちゃんの経営する旅館に引き取られ、そこで出会った幽霊達と一緒に旅館を切り盛りするという内容。
基本的には児童文学なので、こちらの映画もそんな雰囲気はありますが、嫌な奴もいなくて、総じて面白かったです。小鬼が可愛かった。(=´▽`=)
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2018年11月28日

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟.jpg


TVシリーズの24話と25話の間の話らしい。
イスカンダルでコスモリバースシステムを受領し、地球へ帰る帰路の間に立ち寄った星での不思議な体験的なお話。ガミラス人との交流や敵艦のギミックなど中々面白かったです。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2018年11月27日

新感染 ファイナル・エクスプレス

新感染 ファイナル・エクスプレス.jpg


とある研究所から拡散されてしまったゾンビ菌的なものが蔓延し、釜山に行こうとした親子をゾンビ達が襲うというゾンビ物。基本的には列車内に紛れ込んだ一体のゾンビから始まるわけですが、日常から非日常への切り替えの上手さがまず目に付きます。そして、ゾンビ以外の人間同士の醜い争いや、そもそもゾンビからどう逃げるかといった感じで中々に道中ハラハラさせられます。
個人的にゾンビ映画は好んで観ませんが、画作りや脚本の流れ、そして時には素直に凄いなぁと思わせる迫力があり、中々に良作でした。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2018年11月26日

ヴェノム

2018-11-10 20.32.29.png


スパイダーマンの敵だった気がするけど、単体スピンオフ。地球外から連れてこられた地球外生命体に寄生された男のお話。なんか大分思っていたよりエイリアンが良いやつで、これならダークヒーローとしてやっていけそう。個人的に期待値は低かったのだけれど、思いの外面白かったです。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2018年11月24日

ボヘミアン・ラプソディ

2018-11-17 09.03.55.png


タイトルは知らなくとも、誰でも曲だけは必ず知ってる。クィーンの映画。個人的には全くクイーンに思い入れはないのですが、それでも映画として十分楽しめる内容でした。正直人間関係の部分は薄味なのだけれど、ライブシーンはやっぱり良いなと。特に最期のチャリティコンサートは迫力満点大満足!
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2018年11月17日

シン・シティ 復讐の女神

シン・シティ 復讐の女神.jpg


一応続編かな?
お話的には、魔性の女と、前作からの復讐劇の2本が入った感じ。やはり、パット見た印象は非常にスタイリッシュで目を引きます。そして、ミッキー・ロークが引き続き渋い。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2018年11月16日

カンフー・ヨガ

カンフー・ヨガ.jpg


ジャッキー・チェン主演のインディージョーンズ物。何か昔にもあったような?
最初、CGだったのでもしやこのままCGか?と思ったらちゃんと普通に実写映画でほっとしました。でもって、最後はインド映画バリのダンスシーンで締めという何ともジャッキー映画としては変わった感じだけど、悪くはなかった気がする。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)