2020年04月01日

リメンバー・ミー

リメンバー・ミー.jpg


ピクサー映画にハズレ無し。家訓で音楽を止められそれでも音楽をやりたい少年が、死者の日にひょんな事から死者の世界に行き、そこでご先祖様と会い、音楽禁止の家訓そのものの理由解決するという内容なのだけれど、これが色々な伏線を全て感動に繋げている凄い作品でした。何か、先祖から続く家族愛物というと、個人
的に人生最大のクソ映画を思い出してしまったりしますが、本作は真っ向から泣かしにかかってます。そして、まんまと泣かされました。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年03月31日

ドリーム

ドリーム.jpg


ソ連に有人宇宙飛行を先にやられ、巻き返しを図るNASAという舞台を通じてを黒人女性達の活躍を描くお話。子供の時に数学の天才と周囲に認められ、NASAに就職するも、黒人の女性であったため実力が認められず、白人の女性上司にも虐められるが、実力で周囲を認めさせて最終的にはロケットを飛ばすための重要な人物になっていく過程が、脚色が相当あったとは思われるが痛快で面白かったです。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年03月30日

ゾンビランド:ダブルタップ

ゾンビランドダブルタップ.jpg


10年越しの続編。たぶん、物語の中も10年経ってる感じ?メインの4人は前作と同じでやっている事はそう変わりが無いのに、より仲間感が強まっていて観ていてとても楽しい作品でした。それにしても、妹の劣化っぷりは観ていて少々痛々しかったな・・・(;´д⊂)
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年03月29日

ゾンビランド

ゾンビランド.jpg


既にゾンビのほうが多くなってしまったアメリカ。安住の地など無いと知りながらそれを求めて旅をする4人の男女という感じ。しかしこの4人はそもそも他人で騙し騙されながらも、ゾンビを倒してて行く間に絆が生まれるという立て付け。変に辛気臭さがなく、色々と楽しめる内容でした。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年03月10日

バイス

バイス.jpg


クリスチャン・ベール主演の政治映画。ジョージ・ブッシュ政権下の副大統領、ディック・チェイニーが主人公のお話。相変わらずクリスチャン・ベールは外見が変わりすぎるが、口元は特徴的。ウォーターゲート事件を経て首席補佐官になり、その後ジョージ・W・ブッシュに頼まれ副大統領に。ディック・チェイニーがというより、ジョージ・W・ブッシュのバカ息子ブリがとても良くわかる内容でしたが、
posted by やまちゃん at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年03月09日

1917 命をかけた伝令

182641.jpg


007/スカイフォールのサム・メンデス監督作品。
第一次世界大戦下でイギリス軍の兵士が、とある命令を前線の部隊に届けるために戦地を駆け巡る兵士の物語。
何と言っても最大の特徴は、あたかも長回しワンカットに見えるようなその撮影技術。これは本当にこの作品にマッチしていて良かったのですが、1ヶ所だけ完全にブラック・アウトして切れてしまったのが残念。あれがなければなぁ・・・とも。
posted by やまちゃん at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年03月08日

パラサイト 半地下の家族

2020-03-01 18.22.46.png


なんと、外国映画にも関わらず、今年のアカデミー賞作品賞を取った韓国映画。興味本位で観ましたが、これがまた面白かったです。
話の筋としては、貧乏一家が一つのきっかけで、金持ち一家に寄生するっていう感じなのですが、色々な出来事が一つ一つ面白く最後まで楽しめました。ただ、最後のラストシーンを作るために、正直腑に落ちない行動があったのですが、それを差し引いてもとても面白かったです。
posted by やまちゃん at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年02月27日

翔んで埼玉

翔んで埼玉.jpg


パタリロの原作者が描く、埼玉の迫害を面白おかしくディスる内容。何か一緒になって千葉もディスられている気がしないでもないが、最後は手を取り合って東京を潰すという訳の分からん熱さが良かった。
いや、面白かったんですが、これが「日本アカデミー賞」受賞だってんだから、日本映画は韓国映画に置いていかれるんだよなぁと、しみじみ思いました。
posted by やまちゃん at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年02月26日

天命の城

天命の城.jpg


イ・ビョンホン主演の韓国時代劇。大陸では明と清が戦う中、どっちつかずの韓国が清に攻められ、それを何とか凌ごうという感じのストーリー。なんだか今に通じるものがある感じだが、正直イ・ビョンホンの良さは出てなかったかなぁ…
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年02月25日

ダークタワー

ダークタワー.jpg


原作はスティーブン・キングで、主演はパシフィック・リムのイドリス・エルバ。異世界での出来事を夢に見る何とも本物の厨ニ病の少年が主人公な感じとアクション映画。正直広げた風呂敷の割には畳み方が淡々とあっさりしすぎてこれだ!っていう記憶に残らない感じ。雰囲気は良いだけけに少し勿体ないなぁと感じました。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年02月24日

ザ・シークレットマン

ザ・シークレットマン.jpg


リーアム・ニーソン主演。リドリー・スコット制作。
ウォーターゲート事件を題材にした映画のようで、FBIの副長官だったリーアムだが、突然の長官が死にてんやわんやしているときに、大統領をも関与している違法な盗聴事件が起こり、ホワイトハウスの操作妨害にあいつつも、リーアムが不正を暴くといった内容。もう少しこう、捜査自体のあれこれが観たかった気がしますが・・・
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年02月23日

翔んで埼玉

翔んで埼玉.jpg


パタリロの原作者が描く、埼玉の迫害を面白おかしくディスる内容。何か一緒になって千葉もディスられている気がしないでもないが、最後は手を取り合って東京を潰すという訳の分からん熱さが良かった。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年02月22日

シェイプ・オブ・ウォーター

シェイプ・オブ・ウォーター.jpg


パシフィック・リムのギレルモ・デル・トロ監督作品。
アカデミーショーの作品賞も受賞した作品で、話すことが出来ない女性が主人公が勤務している研究施設に運び込まれた半魚人チックなクリーチャーとの恋愛物といった感じ。話の内容的にはそこまで深く無いものの、映像はとても良くて開始早々引き込まれました。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年02月12日

インサイド・マン 2

インサイド・マン 2.jpg


前作は、デンゼル・ワシントンが主演でしたが、一応続編だけども出演者は全く変わっておりました。話の内容的には前作と同じように銀行強盗のお話で、捜査側をだまくらかすという感じ。というか、一応前作の強盗事件の続きな感じ?全体的には楽しめましたけど、やはり役者のネームバリューが・・・・ってのは正直感じました。
posted by やまちゃん at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年02月11日

劇場版「メイドインアビス 深き魂の黎明」

2020_01_09_2052_084.png


テレビの続き、第5層。ボンドルドとの直接対決なのだけれど、それよりもプルシュカが泣けますね(´;Д;`)
背景的には室内が多かったので、テレビシリーズより物足りなく感じましたが、音楽はとても良かった!エンディングを今回は、MYTH & ROIDが担当していましたが、これもすごく良かったです。
既に新作も制作決定との事、楽しみは続きますね!(*´∀`*)
posted by やまちゃん at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年02月10日

この世界の(さらにいくつもの)片隅に

2020_01_09_2048_081.png


個人的に2016年のベスト映画だった、「この世界の片隅に」のエクステンデッド版。主にリンさんとの絡みが増え、すると不思議と映画の印象も変わった感じがしましたが、改めて良い作品だなぁとしみじみ感じ入りました。改めて主人公を演じた「のん」さんも良かったですし、不幸が起きてもそれを受け止めて前へ進むしか無いというテーマも非常に良かった。これは絶対BD買うぞ!(前回は我慢した)
posted by やまちゃん at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年02月06日

われらが背きし者

われらが背きし者.jpg


モロッコに旅行中、ロシアンマーケットにUSBメモリをMI6に渡してくれと頼まれた主人公。偶然の出ないなのだがそれからMI6も絡んで彼とその家族の亡命を手助けルツ事になるお話。最後の纏め方も良く、ロシアマフィアの役者が良かったなぁ。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年01月28日

誰よりも狙われた男

誰よりも狙われた男.jpg


ドイツを舞台にした対テロスパイ映画。思いもよらず久しぶりにウィレム・デフォーが見れてそれだけで大分満足してしまいました。でも、最後はちょっともやっとした終わり方だったかなぁ。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年01月27日

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う.jpg


ジェイク・ギレンホール主演。
交通事故で妻を亡くした主人公が全く悲しくならない事に驚き、そして最後には悲しみを取り戻すというお話なんですけど、何でしょう主人公のジェイク・ギレンホールを観てるだけで非常に楽しい作品でした。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2020年01月25日

テロ,ライブ

テロ,ライブ.jpg


韓国映画。
ラジオの放送中に、橋に爆弾を仕掛けたと言う人からの連絡が。スクープを物にしたいキャスターは一計を案じるという内容。それにしても、出てくる人物全てが自分の都合を押し通そうとするばかりで、本当に面白い。最後にババを引いたのは、犯人と主人公なのだけれど、
posted by やまちゃん at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)