2017年01月07日

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I

機動戦士ガンダム THE ORIGIN I.jpg


#01:青い瞳のキャスバル
ついに視聴のガンダムジ・オリジン
1巻目、シャァこと、キャスバル・レム・ダイクンの幼少の頃からスタート。
これは、色々今までも記述があったけど、ここまで直接的に映像になっているのは当然初めて。中々に興味深いです。序盤のちょっと赤めのシャァザクの戦闘シーン以外は基本的に過去編。
いやぁ、思ったよりギャグっぽい顔もさせるというか、でもキャスバルの田中真弓はちょっと違和感あるなwそして、ラルさんもハモンさんもダイブ印象が違うなぁw
それにしても、序盤の戦闘シーンはとんでもなく良かった。今後もこんな銭湯が観れるのかな?とても楽しみ!
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2017年01月01日

ドント・ブリーズ

2017-01-01 08.17.53.png


お金が欲しいコソ泥3人組。押し入った家には盲目の元軍人の老人がおり、楽な盗みと思っていたらアラ大変。生死をかけた脱出劇にというお話。正月一発目の映画がこれで良いのか?という気もしたが、これはこれで面白かった。
posted by やまちゃん at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2016年12月23日

モンスターズ・ユニバーシティ

モンスターズ・ユニバーシティ.jpg


まだ、怖がらせ屋になる前のサリーとマイクのお話。体も小さく、周りからもからかわれがちなマイク、優秀な父の息子として、どことなく態度の大きいサリーが大学で出会い、そしてコンビを組む。正直、最初サリーの性格が違いすぎて違和感があったが、それは最後まで変わらなかったなw
前作の扉がいっぱいの部屋以上の驚きは無かったが、それでも面白い作品でした。
posted by やまちゃん at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2016年12月17日

ジョン・ウィック

ジョン・ウィック.jpg


キアヌリーブス主演映画。何でも、既に第二作目が決まったとか何とか。
突然愛する人は亡くした主人公のジョン(キアヌ・リーブス)。ガソリンスタンドで自慢の愛車をチンピラに目を付けられ、強盗にあってしまうが、実は彼、凄腕の殺し屋。犯人が、昔関わっていたマフィアのボスの息子と知っても容赦なし。というか、このマフィアのボスのジョンへの恐れ方が中々に上手い。本作の見どころは、キアヌ・リーブスのアクションなんだけど、殴り合いになると、正直キレが足りない。ガンアクションに絞ったほうが良かったのでは?とは言え、非常に面白かった作品。2は映画館でも観てみようかな?とも。最後に、ウィレム・デフォーが良かった!
posted by やまちゃん at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2016年12月05日

この世界の片隅に

2016-11-25 13.03.41.jpg


昭和8年から始まり、その当時を生きた女性の太平洋戦争終戦直後迄を描いた作品。確かに戦争の悲惨さも残酷さも感じるが、ぼよーんとした主人公と時折ある笑いが観終わった後の後味を軽いものにしてくれました。声優としての”のん”ちゃんも、この作品のこのキャラには非常にマッチしていました。とても良かったです。

年代的には、まさに父や母が生きていた時代で、観ている間中、父母の顔がチラついてきて中々に感情が高ぶりました。ただ、少し急いでいる感じがして、物語として少しブツ切れ感があったのは確かですが、とても良い作品出会った事は間違いないです。今年は本当に邦画の当たり年だなぁ。

長らく、終戦日近くの金曜ロードショーは火垂るの墓一択だったが、今後は本作を推したいです。(せめて隔年で・・・)
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2016年11月01日

スーサイド・スクワッド

2016-09-16 09.45.05.jpg


結構期待していた映画でしたが、正直期待していたものとはいきませんでした…
毒をもって毒を制すという感じで悪人部隊を作るというのはわかるのですが、その敵がみから出た錆というのが、いただけない…キャラクターはとても良く、特にハーレクインは文句無し。ジョーカーも結構良かったです。それだけに、途中眠気が襲うほどのストーリーはどうしたものか…
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2016年09月28日

風立ちぬ

風立ちぬ.jpg


宮ア駿監督引退作品。
飛行機の設計を夢見る少年が夢で出会った一人の男性に励まされ、大人になり
序盤の関東大震災(?)の映像はかなりの迫力。そして、主人公が飛行機会社に勤めるまでちょっと忙しい感じで入り込みずらい気もしましたが、いざ飛行機の設計に入ると俄然面白くなってきました。場面転換も多く、何だか駆け足気味のフワフワした感じでしたが、何だろう?不思議と面白かったです。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2016年09月21日

シックス・センス

シックス・センス.jpg


今更観た、シャマラン監督の出世作。ある医者が不思議な能力を持つ少年の治療(心の病?)をするお話。この少年から自分は死人が見えると打ち明けられた医者だが、当然幻覚症状だと捉え本気にしないがどうやら違うらしいという事が次第に分かってくる展開。
当時話題になったラストだけど、色々何となく情報が入った今観てしまうとこんなものかな?と思ってしまうけど、予備知識がないまま観たら、たしかに最後びっくりしますね!そして、ラスト以外は正直、少し退屈気味ではありありましたが・・・
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2016年09月12日

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー.jpg


マーブルヒーロ作品。今のところ、他のシリーズとの絡みはないんだけど、そろそろアベンジャーズで出てきそうだったので視聴。

子供の頃母親に死なれ、そして宇宙人に連れ去られ大人に育ったピーター。とある仕事で、オーブを手に入れるがそれを使って星を破壊しようとする悪者に狙われ最後には星を救うという感じの筋書き。特に、主人公を拾った船長が中々良い感じのキャラで良い感じだったら、お話の流れ的には正直盛り上がりの山が掴みづらく少々単調だったかなぁといった印象でした。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2016年09月11日

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡).jpg


かつて、バードマンを演じ、人気ものになった主人公、リーガンはそれ以降ヒットに恵まれず舞台役者として生活を送っていた。実際の世界を舞台にしており、ロバートダウニーJrや、ジェレミー・レナーとか、アイアンマン、ハンガーゲームといった実在の名前もポンポン出てくるが主人公達は役者本人という訳ではない感じ。
舞台の稽古中、一人の役者が怪我をして代役を探していた所、一人の大物(エドワード・ノートン)が見つかる。しかしプレビュー上演の時に酔った勢いでぶち壊し。先の読めない展開や、出演者の熱も凄いが、正直難しめの映画だと思いました。主人公に共感するにはもう少し内輪ネタ的な物を知らないと駄目かなぁとも思ったり。とりあえず、主人公を演じたマイケル・キートンが、バットマンを演じていたという事だけでも知ってから観ると良いのかなとも思います。これだから、アカデミー賞受賞作品は難しいw
そして、やっぱりエドワード・ノートンは良いなぁ。
posted by やまちゃん at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2016年09月07日

X-MEN: アポカリプス

2016-08-23 14.57.34.jpg


ここ最近、X-MENはブルーレイでの視聴が続いていましたが、つい最近フューチャーパスト観ていましたので、3部作の最後くらい劇場で観ても良いかなって事で映画館に行って来ました。

時系列的にはフューチャーパストの後、紀元前に封印された第一番目のミュータントが復活し、人類を壊滅させようとするところを阻止するという内容。すごく単純なのだけど、非常に、長いw個人的にサイクが好きで活躍もして嬉しい限りだが、正直言うと長くて映像も凄いのだけどそれだけで終わってしまうシリーズだなぁという印象は拭えない作品でした。
posted by やまちゃん at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2016年09月04日

君の名は。

2016-08-25 07.42.32.jpg


新海監督作品。
都会の高校生と、田舎の女子高生が入れ替わってしまうと言う定番な話ながら、ストレートに面白かった。 それだけに細かいところでもうちょっとこうだったらなぁとか、好みの問題かもしれないが、何点か残念で悔しい所があった。
それにしても、本作は異例のヒットのようだが、正直そこまでとも思わなかった。ここ最近の映画ではここまで席が埋まる映画はないなぁと感じたが、上映が始まってから入ってくる人も多ければ、途中もスクリーン前をチョロチョロと通り過ぎる人が多く、正直イライラした。明らかに普段映画を見ないだろうっていう人を引きつけたからこそのヒットだと思うが、一体それは何だったんだろう…
posted by やまちゃん at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2016年08月22日

鑑定士と顔のない依頼人

鑑定士と顔のない依頼人.jpg


美術院の鑑定人として名声を得ているヴァージルの元に、一人の女性から両親の遺品の鑑定を依頼される。しかし、毎回何らかの理由をつけられ、直接会う事が出来ない。最初は相手方の言い訳を失礼な態度として苛立ちを覚えるヴァージルだけど、彼女の事情を知り気になる存在となっていくという筋書き。最後のオチはどうしても途中から予想出来てしまうのだが、そうなって欲しくないと思わずにはいられない内容に思わず引き込まれました。小物や、主人公の所作も良く、見ていて飽きることはありませんでした。
posted by やまちゃん at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2016年08月21日

コクリコ坂から

コクリコ坂から.jpg


古き好き昭和な感じで個人的には嫌いではない。
下宿所の管理人さんみたいな感じの主人公。学生棟を建て替えるとか反対とかそんなお話。学校で気になる男の子と出会うが実は血の繋がった兄妹ではないかということが分かり、さてはてという展開。しかし、この映画のターゲットはどこなのだろう・・・正直、売れる映画ではないと思うんだけど、昔のスタジオ・ジブリ作品と比べるのは勿論意味が無いとはいえ、心底コレじゃない感は強かった。
posted by やまちゃん at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2016年08月17日

ザ・ガンマン

ザ・ガンマン.jpg


96時間のスタッフによる、ショーン・ペン主演作品。
今後で特殊作戦に従事していたジムは、作戦後恋人の前を去る。数年後再び今後でNGO活動をしていたが、突如銃を持った人に襲われ以前従事した作戦が原因だと当たりをつけそれを探っていく流れ。正直、全体を通してそんなに面白くなく期待はずれ感はあった気がするが、ショーン・ペンの体だけは本物でした。どんだけ鍛えたんだろう・・・
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2016年08月16日

バケモノの子

バケモノの子.jpg


細田守監督作品。
母子家庭の母親に死なれ親戚に引き取られることになった主人公は、一人で生きていくことを決意するが、中々に難しく、丁度弟子を取ろうと思っていたバケモノの師匠に拾われ暮らしていくという筋書き。弟子は師匠によって育てられ、師匠も弟子を育てることで成長する。そんな所が見ていて微笑ましかったが、この弟子がガキの頃から少し悪ガキ過ぎてちょっと度を越してしまっている気がする。そして、成長し再び人間界に関わりを持ち、そこで一人の女声と出会い彼自身の世界が一気に広がる所は良かったけど、オチは正直何だかなぁと思ったり思わなかったり。
全体的に面白かったものの、主人公の幼年期を含め女性声優陣の演技がオブラートに包んで言うと好みではなく、そこだけが残念でした。個人的な意見として、いわいる声優ではなく、役者の人が声を当てることに対しては不満はありません。上手な人は上手です。ただし、どう考えてもまずその人を使おうありきで決められた匂いがするんですよね・・・
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2016年08月07日

SPL 狼よ静かに死ね

SPL 狼よ静かに死ね.jpg


個人的に大好き、ドニー・イェン主演作品。脇の一人としてサモ・ハンや、サイモン・ヤムもおります。
1994年、香港。何だかの裁判を受けるっぽかったポー(サモ・ハン)は、証人が殺された事による不起訴となる。そのポーをなんとしても捕まえたいチャン刑事(サイモン・ヤム)は、脳の癌に侵され治るかどうか分からない。3年後、まだ生きていたチャン刑事は2日後に退職する模様(病気のため?)その後任として現れたのが、ドニー・イェン演じるマー刑事という導入。
しかし、そのタイミングで潜入捜査を指示していた部下が殺され、一触即発の事態にという感じ。正直最後のオチはどうかと思うけど、期待していたドニーのアクションも良かったとは言え、ちょっと物足りないかな・・・というか、主人公は完全にサイモン・ヤムでしたw
posted by やまちゃん at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2016年08月06日

シン・ゴジラ

2016-08-05 15.33.05.jpg


正直、ゴジラを映画館で観るのは初めて。そんな、ゴジラ超初心者の私ですが、結論から言ってすごく楽しめました。

東京湾アクアラインで謎の崩落事故。当初は火山の噴火かと思われていたが、事態は急変。人類が初めて見るゴジラだったという導入。首相を中心とした対策本部を設置し、事にあたるが自衛隊の戦力も敵わず、中々な絶望感。

終始テンポが早く、何でもやってしまう主人公もいなければ、足手まといになる、頭が悪い人もいない。皆が優秀で懸命に自分の出来る事をしようとする展開は見ていて気持ちよかった。ただし、中途半端な英語を話す、あの女優だけはダメだwあれで意図した演出と言われても正直納得できかねるw(英語の発音とかそいうんじゃなく、そもそも普通に日本語も喋れなくて良かった)
まぁでも、ぱっと思い浮かぶ最大の不満点である、このキャラが実は他に無数に存在する小さな不満点を隠してくれてくれているのではないか?そのために必要なキャスティングだったんじゃないか・・・・?
なんて思わねぇよ!(;゜ロ゜)

何はともあれ、個人的に面白そうだと思っていた部分が期待通りに面白い。そんな映画でした。
posted by やまちゃん at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2016年07月31日

トランスフォーマー/ロストエイジ

ロストエイジ.jpg


前作、ダークサイド・ムーンから5年後の設定。恐竜が栄えていた頃に宇宙からの侵略があり、その時、金属(?)化された恐竜が見つかる。そして、劇場の解体中に見つけたコンボイ。見つけたのは、金にならない発明で家のローンも滞納しながら、娘を育てている典型的なダメおやじっていう感じ。そのコンボイを捉えに政府の人間がやって来て・・・っていう序盤。

何かあれだねぇ、ここ細菌ヒーロー映画でもそうだけど、世界を救う戦闘行為の陰でも人は死んでいて、その人にとってはヒーローでも何でもないってテーマが流行ってるよねぇ。今回のトランスフォーマーからもそんな空気を感じました。というか、コンボイ、これ完全に人類の味方ではないだろうと。コンボイを連れて故郷に戻ろうとしたメガトロンの方が、よほど地球人のことを考えているんじゃないか?と・・・香港なんてもう、そのおかげで大災害ですよ?とw

そして、敵のガルヴァトロンの変形が一旦キューブ状の何かになってから、それが組み替えられ的な感じになって、これはトランスフォーマーじゃねぇだろと。いや、そもそも体積を無視した今までの変更もどうかと思っていましたが、流石にこれはねぇだろとは思いましたwそして、中盤までこの事態の黒幕だったハゲ社長がまさかの心の変わりよう。おいおい、それで良いのか?と・・・というか、絵面は非常に良いものの、行動事態に合理性が全くなく、正直長いだけで何だかなぁという感想です。
posted by やまちゃん at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)

2016年07月30日

X-MEN:フューチャー&パスト

X-MENフューチャー&パスト.jpg


未来の世界から始まり、その未来を変えるために過去に戻る本作。戻るのは、ウルヴァリンで、プロフェッサーとマグニートから、当時の自分を探し、説得し協力させろと言う。簡単に言ってくれるよね!w

まぁなんといいますか、未来のために過去を変えるという、まるでターミネーターな話は分かるんですが、各人の動きがごちゃごちゃしてて、更にはそれぞれの映画の繋がりとかも考えてるとさらに分からなくなり、これ辻褄合ってる?本当に合ってる?ってな疑問が見終わった後まで拭いきれませんでしたw次のX-MENの映画、アポカリプスも初代X-MENの前の時代の内容のはずで、その辺りどうなんだろう?

ていうか、マジで速く動けるだけって男(クイックシルバー)が強すぎというか何というかwクイックシルバーってアベンジャーズにも出てきてたけど、あれよりはるかに強いなぁ。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(劇場系)