2017年04月14日

◯年ぶりのWALKMAN購入!

01.jpg


前回、WALKMAN使っていたのはいつだろう?と、考えてみた所、MD時代まで遡ってしまう感じの私なわけでございますが、久々にWALKMAN購入しました。

購入したのはNW-A35(イヤホン無し16GB)という機種で、発表時欲しいなぁと思ったものの、正直現状に不満がなかったものでして購入を見送っていたのですが、以前、α7III用に試しに購入してみた500円クーポンの有効期限が迫っていたということもあり…とにかく購入したWALKMAN。早速楽曲を転送。あ、因みに音源はハイレゾじゃありません。今後も購入することは無いと思います。曲の転送は専用ソフトは使わず、iTunesからD&D。ちらっと聞いてみた感じ、良い感じです。(いや正直そこまで違いが私には分かりませんでした・・・すみません・・・)

DSC04488.jpg
モノ自体はスゴイカッコイイ!

でもって、少し使ってみた感じなのですが、そもそもiTunesで音楽管理しているからいけなのかもしれませんが、アートワークが歯抜けになってしまっていたり、色々フリーソフトを試すも、iTunesで作ったプレイリストが使えなかったりとその辺がとても不満。(これは、iTunesのフォルダ管理?がダメダメなのかも)また、BT接続ですが、画面をONにしないと繋がらない気がする。(省電力化のために、ずっとは待受してない?)

とまぁ、不満も多いですが、商品自体は非常に満足しています。使い方としては、イヤホンを直接挿して、プレイリストも使わない感じで全曲再生で聞く感じかなぁと思っています。やっぱり、とすると、16GBの一番安い奴で正解だったかもしれません。
posted by やまちゃん at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2017年04月06日

新型”Fire TV Stick”購入!

DSC04467.JPG

AppleTVも持っている私ですが、今月新型が出るというのもあり、今更ながらにFireStickTVも購入してみました。

その理由とは、AppleTVでも利用している”AirPlay”が、ソフトウェアをインストールする事で、FireStickTVでも使えるという情報を見たためです。このAirPlayが利用できるのであれば、高価なAppleTVを利用する事なく、iPadやMACの画面をテレビに映すことが可能になりますし、今は家の中で持ち運びしているAppleTVを固定出来ると考えたためです。

■現物確認
DSC04470.JPG
物自体はこんな感じのStick型で、テレビのHDMI端子に直接挿して使用します。付属品が結構入っていて、パッケージは思ったよりズッシリという感じでした。

■早速使ってみる
DSC04474.JPG
セットアップ自体はそんなに難しい訳ではなく、無線LANに接続出来てしまえば基本的に設定完了です。

■AirPlayは使えるようになるのか?
早速、AirPlayのアプリを試してみます。

クリップボード01.jpg

このアプリをインストールするだけで基本的に終わり。後は、iPad等から、普段AirPlayをするのと同じやり方。
特に端末側にソフトをインストールしたりする必要は無いようです。

2017-04-06 22.28.39.png
(Audio)ってのも出てきましたが、これは何だろう?音声だけって事だよね?

DSC04480.JPG
勿論、MACからもOKです。

また、起動直後からこのソフトが常駐しているようで、1度設定してしまえば特に起動することはなさそうです。

と、あっさりiPadからの映像を映し出す事が出来るようになりました。うん、これは便利ですね。

問題は、無線接続オンリーという事で、接続が途中で切れたりしないかという所なのですが、今のところ大丈夫なようです。むしろ、暫く音楽を音楽を鳴らしてみましたが、AppleTVより安定しているかも?
posted by やまちゃん at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2017年03月28日

イヤホン新調!”AH-C720BKEM”

DSC04418.JPG

何か突然右側から音が出なくなってしまったお気に入りの”AH-C710”。一度壊れた後も、もう一度同じ物を買った程。

しかし、後継品のC720が出てきて、値段も上がってしまい何だか割安感が・・・という訳で、SONYにしようかな?とかも思いましたが、結局は後継品のC720を購入する事に。

DSC04422.JPG

一応ハイレゾ対応なのですが、正直私の耳にはハッキリと良くなった!と言えませんが、何となく一つ一つの音の輪郭が増しているような”気がします”。

DSC04433.JPG

総じて満足なのですが、唯一の不満はケーブルが長い事位。個人的には、0.5m位の物が希望です。

DSC04427.JPG
あと、買いだめしてあったコンプライのイヤーチップがそのまま使えたのは地味に嬉しいっす。

DSC04434.JPG
因みに、こんな感じで、根本の金属カバーが取れました。同じトラブルで3度交換しました。正直、品質管理は良くないのかもしれません(´・ω・`)
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2017年02月21日

「RADEON RX 480 8G」購入して分かったこと

81CqzsJXigL._SL1500_.jpg


ビデオカードは大きく分けて、RADEON系と、GForce系とあるわけですが、個人的にRADEONばっかり使っています。現在使っているのは、6年前に購入したRADEON6870なのですが、パフォーマンス的には不満がない(そもそもハイエンドゲームやらない)のですが、唯一の不満は4Kの30ヘルツしか出ないこと。これを60ヘルツにしたいとは常々思っていました。しかし、ここ最近GPUの性能は頭打ちで、新製品が出ても名前を変えたものばかりなため、何となく見送ってしまっていました。

しかし、2016年に入り、両陣営ともこれまでと比べると大きくステップアップした製品が発表され、これだったら買い換えても良いかなぁと思った次第です。

そんな訳で、個人的にRADEON系のRX480を購入する事は決まっておりましたが、後は何処のメーカーから購入するかです。まぁ今使っているカードがMSIで、特に不具合も出ていないのでMSIで良いかなと。そう思っていた矢先の2月中旬、Sapphire製のカードが突如のバーゲン。少し不安になりながらも思い切って購入してみました。購入したのはこちらの、「Sapphire NITRO+ RADEON RX 480 8G GDDR5」!

旧システムに取り付けてみるも問題が・・・
新PC用に購入したカードですが、動作確認も含め、旧PCで早速使ってみたくなるのも人情です。という訳で交換してみた所問題が・・・電源を入れても全く画面が出てきません!NO SIGNAL!!!

カードのファンは回っているので通電はしている模様。しかしBIOS画面まで出てこない状況です。真っ黒です。因みに元のカードに戻すと問題なく起動します。BIOS画面自体が出ないことから、Windowsの問題でもなさそうです。

理由はマザーボードとの相性?
そんな訳で色々調べてみた所、2012年頃のマザーボードを使っていると最新ビデオカードで起動しないという症状が出やすという事が分かりました。これは、その頃マザーボードのBIOSがUEFIという物に変わる過渡期で、今のビデオカードはこのUEFIを前提に作られているので古いシステムでは起動しないかもと言うのが大まかな理由らしいです。確かに、うちのマザーボードは2011年に購入した物なので、これが原因だとしたら、なるほどドンピシャです。

改善策?
改善策としては、最新のUEFIに対応したBIOSにしてみるとか、UEFIを切って、Legacyモードで起動するとかあるようです、とりあえず、BIOSの方を見てみた所、2013年に発行された最新版になってます・・・次にこのLegacyモードというのを確認してみますと、確かにBIOSの設定項目ないにありました。EFIってのになっていたので、これを変えてやります。(この時は勿論古いビデオカードにして作業してます)

DSC04372.JPG

無事映りました!
旧ビデオカードでオプション変更後、新ビデオカードに交換して電源ON。何事も無かったように無事映りました!その後は、ドライバーの入れ替えも終了し、無事動くようになりました。

4K60ヘルツは・・・
パソコン側の設定ではなく、モニター側の設定を変更する事でこちらも無事60ヘルツで映るように。4Kモニター購入以来の宿願を果たすことが出来ました\(^-^)/

DSC04375.JPG

DSC04378.JPG

どのくらい良くなったのか?
早速、ベンチマークを取ってみました。ベンチマークソフトは、FF11と、FF14。新旧2つのビデオカードで取っています。

FF11
 旧カード:9510
 新カード:9675

完全に打ち止め。誤差範囲。なるほど。旧ゲームはこんなもんなのですね・・・

FF14
条件は、高品質デスクトップPCのフルHDで取りました。

 旧カード:
 SCORE:3454
 平均フレームレート:26.962

 新カード:
 SCORE:10916
 平均フレームレート:83.886

こちらは、カード交換の差が如実に出ています。交換した甲斐があるってもんです。(ゲームしないけど)
旧カードではやりませんでしたが、新カードでは最高品質でもやってみました。

 画面サイズ: 1920x1080
 DirectX バージョン: 11
 グラフィック設定のプリセット: 最高品質
 SCORE:10142
 平均フレームレート:76.806

結果は良い感じです!(旧カードでもやっておけばよかった)

まとめ
個人的にパソコンであまりゲームやらないのですが、2万円以下で購入出来る事を考えると中々にお買い得だったかなと思っています。正直最初は画面真っ黒で焦りましたが、何とかなってホッと一安心。やっぱり、マザボが古いのは駄目ですねぇ(^^;
posted by やまちゃん at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2016年09月16日

2年ぶりの機種変。”iPhone7”購入。

DSC04085.JPG

正直今回は機種変しなくても良かったのですが、現在持っている6+が丸2年を迎えるためサポートが満期を迎えます。かといって、AUから離れるつもりもなかったので、流石に勿体無いと思い
機種変を決意。かなり後ろ向きな理由でした。

購入したのは無印・128GB・ブラック
iPhone5,5sはブラック、6+はシルバーだったので、今度は黒系にしようかなと。丁度黒系の2色が新色だったため丁度良いなとも。最初はジェット・ブラックにしようと思ったのですが、やっぱり指紋が目立つよなぁという事でマットな方を申し込みました。何でもジェットは人気らしく品薄確定。一説では11月に入荷とも・・・一方マットブラックはこうして無事発売日に入手出来たわけですから自分的にはこちらにして良かったです。

因みに、今回は+から無印への機種変更になります。正直、+に関しては2年間使ってみて、自分の場合、無印のほうが良いかなぁという結論です。結局は、ただ大きいだけという点につき、アイコンの配置数や、スリープ時の通知が横向きに対応するなど、+ならではの横機能がもう少し考えられていれば+の意味もあったのですが、それも無かった物ですから・・・ここは今でもちょっと残念に思っています。また、今回は無印の電池の持ちも良くなったようで、それならば無印にしてみようと思ったわけです。

DSC04079.JPG
無事、発売日に到着!

購入価格は・・・
因みに購入価格ですが中々に納得がいくものとなりました。

まずは、本体価格の確認。
Applestoreでの購入価格は、税込み90,504円。
一方AUは90,720円です。殆ど差がありませんね。

ここから、AUの場合、キャッシュバッククーポンが10,000円。月々サポートとして、毎月2,445円が差し引かれます。今回もよっぽどの事が無い限り2年間使おうと思っていますので、総額:2,445×24=58,680円が戻ってくる計算です。

というわけで、ここまでを計算すると、90,720-10,000-58,680=22,040円が実質金額という奴です。仮に、今所有している6+を30,000円で売却出来れば、約18,000円の黒字となります。まぁ、MVNOの価格を比べると普段から高い金額払っているので何とも言えないところですがw

DSC04095.JPG
前、使っていたiPhone6+と比べるとやはり小さいw
posted by やまちゃん at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2016年07月18日

”be quiet! 80PLUS GOLD PC電源/STRAIGHT POWER 10 CM 500W”購入

DSC03827.JPG

今使っている電源は、多分PCケースと同じくらいに購入した気がするので、おそらく10年選手。この10年で電源自体も省電力化が図られ、Silverだとか、GOLDだとか認証制度ができて来ました。当然今使っているのはそんなのが出来る前ですし、最近電源関係で怪しい動きをする事があるので、次に自作する時は、電源も入れ替えようかなぁと思っていたことも有り、次購入する時はBeQuiet!のにしようと思っていました。

しかし、この製品が途中で値上がり、15,000円とか一時期20,000円近くなってしまったので、諦めていたのですが、ちょっと前に、台数限定の特価品で1,1000円になっていたので、勢いで購入しちゃいました。

DSC03818.JPG

スペック的にはGOLD認証の、セミプラグイン方式。FANは12cmのBeQuiet!製です。何故、BeQuiet製なのか・・・良く覚えていませんが、ケースファンが良さそうだった所に、電源も作っていると聞いたので使ってみたいと思ったのかもしれません・・・

DSC03824.JPG

DSC03836.JPG

ただちょっと心配事が。今使っているのも500Wだったので、同じ500Wのを購入したのですが、これからのビデオカードを考えるとこれで良かったのかな?とちらっと思ったり思わなかったり。まぁ、そんなに強いビデオカードは買わないと思うので、大丈夫だとは思いますが・・・

DSC03845.JPG

さて、これは何時使われるんでしょうか・・・?w
posted by やまちゃん at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2016年06月25日

BOSEノイズキャンセルBTヘッドフォン(Bose QuietComfort 35)を購入しました!

2016-06-24 19.14.22.jpg

BOSEノイズキャンセルBTヘッドフォン(Bose QuietComfort 35)を購入しました。人生初の一万円を超えるヘッドフォンです。

少し前位からBT接続可能なヘッドフォンを購入したいとは思っていながら、ついぞ購入を見送っていましたが、5月位から猛烈に欲しくなりついに購入となりました。

候補
購入するに辺り、SONYの”h.ear on Wireless NC(MDR-100ABN)”か”MDR-1RBTMK2”のどちらかにしようと思っていました。ただ、この2製品には大きな違いが一つあり、ABNにはノイズキャンセリング機能が搭載されています。(今後、1RBTにもノイズキャンセリングが搭載されたモデルが出そうですが・・・)
実際に両方を視聴してみると、装着感は1RBTの方が良く、またノイズキャンセリング機能は自分の視聴環境を考えると必須じゃないなぁと思いながらも、もしかして飛行機に乗ったりした時に便利かなぁと思い、ノイズキャンセリング搭載モデルに完全に傾きました。

しかし、ABNを購入しようかなと思ったのですが、正直色がどれもピンとこなくて悩みました。まぁ6月のソニーフェアまで悩めばいいかと思っていましたら、このタイミングでBOSEさんから新製品発表
値段も、ABNより少し高い位です。しかも新製品。元々、BOSEのノイズキャンセリング機種は評判も良いようです。しかも新製品。
唯一の心配はその装着感と、音が好みかどうかだったのですが、発売前にビックカメラに立ち寄った所、既に視聴品があったので試すことが出来、その結果心配は完全に無くなりました。因みにハイレゾ対応は謳っていません。でも、元々私の耳がハイレゾ対応してないばかりか、音源も持ってないので私には問題ないです。

予約して購入
早速開梱です。
本体の他に、キャリングケースが同梱されており、収納するとこんな感じの大きさとなります。

DSC03773.JPG

DSC03812.JPG

その他にも色々ついてきています。

DSC03790.JPG

飛行機の座席用のアダプターと、有線接続用のケーブルとかが付いてきます。

因みに、色は、シルバーにしましたた。

DSC03776.JPG

実際に聞いてみて
まだ使い始めて2〜3日なのでなんともいえませんが、電車の中で実際に使ってみるとノイズキャンセリング能力の効き具合に驚かされます。勿論、人の話している声は消えませんが、格段に静かになります。これは音のうるさい大江戸線でも試してみたくなりました。

音色的にも低音が少し強目で、個人的には好みです。そして高音が耳に刺さるような感じもなく、かと言って音がこもっている感じもありません。

スイッチ類は右側に纏まっており、操作しづらいということはありませんでした。因みに、NCだけをOFFにする事は出来ません。

DSC03784.JPG

そして中に、大きくL,Rと入っておりわかりやすいです。

DSC03805.JPG

電池の持ちについて
カタログスペックでは、約2時間半の充電で、ワイヤレスで20時間、有線で40時間とあります。有線でもバッテリーを使うのはノイズキャンセリングのせいかと思うのですが、多分ノイズキャンセリングを使わなければバッテリーは食わないはずです。
だいたい、自分は普段通勤の時に使っても1日3時間程なので、1週間は充電せずに使える計算になります。なので特に問題なさそうです。

ちょっと改善して欲しい点
今のところ一つだけ。有線で接続する際、ヘッドフォン側の端子がステレオプラグじゃないんです・・・ちょっと系が小さい。これはステレオプラグにしておいて欲しかったかなぁと・・・・

DSC03796.JPG

アプリを使ってみて
このヘッドフォンと連動する、スマフォアプリもあります。そもそも、BTは2台まで接続可能で、それぞれの接続のOFF/ONをこのアプリからも操作可能です。また、このアプリから接続する事も出来、実際使ってみると中々便利でした。良く出来ています。

2016-06-25 12.11.34.jpg

2016-06-25 12.11.09.jpg

自分は、iPhineで音楽を聞き、iPadでアニメを観ますが、この切替がスムーズにできました。ただし、両方接続状態にしておくと、結構BTが切れる感じがします。ここはしょうが無いのかなぁ・・・

というわけで、初めてのBT&NC搭載ヘッドフォンでしたが、中々に満足です。買ってよかった!\(^o^)/
posted by やまちゃん at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2016年06月12日

PS3コントローラーをBTでもってWindows 10で使うメモ。

基本的に、WINDOWS10ではPS4のコントローラーが普通にBT接続で使えてしまい何の問題も無いのですが、唯一FF11だけは相性が悪いのか、ボタンの入力が時々受け付けなくなる現象に悩まされていました。
しかし、前回Windows8.1で使わせようとした時、ちょっと苦労した記憶があったので躊躇していましたが、再挑戦。

結果は特に苦労せずに動作させる事が出来ました。

ポイントは、MotionJoyのWindows10対応版を使う事!なるほど!対応版が出ていましたか!w

ダウンロードはこちらから。

簡単にインストールメモ

1.ダウンロード&解凍(パスはmaxmag)
2.M-INSTALL[ADMIN].batを管理者として実行
3.DS3_Tool_Location.exeを管理者として実行
4.loaddriverからの、driver install
5.コントローラーのオプションで、チルト関係はOFF、BT自動切断も初期は5分なので延長。
6.FF11側のキーコンフィグは以下。

クリップボード01.jpg

以上。

追記・・・
Windows10のAnniversaryUpdateを実行当てた所、PS3コントローラーとペアリングできなくなりましたが、3のドライバーインストールで元に戻りました。
posted by やまちゃん at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2016年04月04日

Dolby Atomos イネーブルスピーカー”SKH-410”購入

DSC03709.jpg

自宅AV環境の仕上げは、Dolby Atomsのイネーブルスピーカー。
正直、Atomosの映画を持ってないので意味が無いかもしれませんが、どうにも設置したかったので購入しました(´・ω・`)

特徴はこの斜め
DSC03721.jpg
イネーブルスピーカーとしては、一番安いこのスピーカー。ペアで1万円位です。特徴はこの斜めの形状にあります。これは、上向きに設置するのが正しく、天井に反射させてあたかも上から音が聞こえる感じを実現するという物です。

効果の程は?
DSC03719.jpg
実は、このスピーカーですが、Atomos用映画でなくても、一応鳴ってます。環境音が。でも、正直上から音が聞こえる感じはしません。やはり、Atomos用映画を再生してみないとダメですねw
とはいえ、やりきった感というか満足感は非常に高いです!
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2016年03月27日

AVアンプ購入しました。”DENON AVR-X4200W”

EL_avrx4200w_jp_bk_fr_cl.png

AVアンプをリプレイスしたいなぁと思っていたら、気づいたら購入していたというお話です。

選定
当初は、現在使用しているONKYOの後継機種で考えていました。最有力候補はTX-RZ800という機種でしたが、一番の問題が機材の奥行き問題。
設置してあるAVラックの奥行きが結構無いため、このONKYOのが入りません。かと言って入る位の大きさだと、安い廉価版しかなく、ちょっと物足りません。

クリップボード01.jpg
DENONのなら行けるはず!!!

したがいまして、他のメーカーでも検討しましたところ、最終候補に残ったのは、DENONのAVR-X4200WかPioneerのSC-LX59のどちらかになったのですが、奥行き問題と、昔から憧れていたDENONにしてみようと思った次第です。(あとちょっとPioneerの方が高かった)

他の機能としては、当然、DolbyAtmosや、DTS:X等、最新のソースに対応出来る物としました。まぁこの辺は最新機種なら大抵対応しているので選択肢が狭まることはありませんでした。

納品・セットアップ
購入はヨドバシ秋葉で実機を見て、ヨドバシカメラのネット経由で購入。わざわざネット購入にするのは、購入履歴として残るのが便利なためです。
では早速開梱。

本体、リモコンの他に、このような機材が入っています。

DSC03731.jpg

これは何をするのかというと、これを使って各スピーカーの音量を自動調整させます。これは一種のマイクになっています。

EL_avrx4200w_jp_bk_fr_cl.png
前面はこんな感じ。

EL_avrx4200w_jp_bk_re.png
背面はこんな。

その後、スピーカや、PS3、PS4、BDレコーダーを次々接続。特に問題点はありませんでした。最初のセットアップも日本語メニューで分かりやすかったです。

新しく出来るようになった事
1.まず当然ですが、Dolby再生してもノイズが乗らなくなりましたw
2.今まで、音楽再生時、AppleTVへAirPlay経由で再生していましたが、このアンプ自身がAirPlayに対応したため、直接アンプへ送信出来るようになりました。
3.HDMIパススルーが使えるようになりました。これは、特定の入力信号を、AVアンプの電源を落としていても、出力に出させる物で、例えば今まで、PS3経由で、アニメを見る際、必ずAVアンプの電源を入れなければ行けなかったのですが、液晶側のスピーカーだけでいいやって場合は、AVアンプをOffのままでも視聴が可能になりました。

消費電力は?
TX-SA705は消費電力450Wに対し、AVR-X4200Wは670Wになっています。単純に数字だけ見ると消費電力アップですが、結構エコにも気を配っているようで、カタログスペックでみる数字よりは全然消費電力は少ないそうです。また、前述したHDMIパススルー機能により、今まで電源を入れるしかなかったケースも、電源をいれる必要が無くなるので、結果どっこいどっこいになるのかなと思っています。

今後の予定
取り敢えず今は、既存スピーカーを接続しての5.1ch接続に留まっておりますので、この後タイミングをみてDolbyAtmos用のイネーブルスピーカーを追加したいと考えています。

ちょっと疑問に思っている点
nasen再生でサラウンド再生出来ない(フロント2本しかでていない?)
>これはどうやら、PS3の制限っぽい?かも?BDの再生では特に問題はないです。

液晶側のスピーカーで鳴らすと、nasne(PS3)の効果音が無くなる。
>多分これは、フロントではなく、センタースピーカーで鳴らそうとして鳴っていないようです。因みにソフト自体が違う可能性がありますが、PS4からの再生では問題は起きないようです。

まとめ
音的な事は正直分かりませんが、ノイズの乗る状況からは格段の改善であり(当然ですが)、これはもっと早く買い換えておくべきだったなぁというのが率直な感想です。
また、HDMIパススルー機能により、何だか少しエコ運転が出来そうです。また、前のAVアンプのリモコンにはテレビのON/OFFボタンがありませんでしたが、今回のリモコンには付いておりやっぱり便利です。

今回のAVアンプ変更に伴い、構成が以下になりました。

クリップボード02.jpg

パススルー接続を生かし、液晶側の再生能力を上げるため、先日購入したアンプ(AI-501DA)に接続するため、HDMI音声分機を追加しています。これを通す事で、光出力で音声を取り出し、アンプに接続しています。

そして、ネットワーク図は以下のようになりました。AVアンプが変わったのと、AppleTVを無線接続にした位ですか。

クリップボード03.jpg

そのうち、AppleTVは1Fに持って行きたいかなぁと思っています。
posted by やまちゃん at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2016年03月19日

AVアンプ買い替えたいなぁ”現状の環境”

0.jpg

AVアンプをリプレイスしたいなぁというお話です。

今使っている機種・構成
今使っているAVアンプは、確か7年前位に購入したONKYOのTX-SA705というAVアンプです。当時、使用したいたのはHDMIがまだ無かった頃のYAMAHAのAVアンプで、HDMIに対応させたくて購入しました。
現在の接続図は以下のとおり。

クリップボード01.jpg

HDMI入力が少ないため、HDMIセレクターを使用し、また、HDMI出力が1しかなく、プラズマテレビと液晶テレビの両方に映すため、分配器を設置しています。基本的にアニメとかはナスネorBDレコーダーに録画したものをPS3経由で観ています。観るのは、プラズマディスプレイの時もあったり、液晶ディスプレイの時もあります。

何故買い換えたいかというと・・・
足りない入出力端子を増強したいというのは勿論ですが、決定的なのがDolby再生にすると発生する非常に耳障りなノイズ。再生機材を変えても、ケーブルを変えても発生し、Dolbyではない例えばステレオ2chにすれば発生しない事から、AVアンプの故障かなぁと言う事で、買い替えを検討しています。
posted by やまちゃん at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2016年03月12日

TEAC S-300NEO に大満足!!

DSC03625.jpg

もう、我慢できない!
買ってしまえ!って事で買ってしまいました。スピーカーを…

DSC03612.jpg

とはいえ、ヤフオクで程度の良さそうな中古品ですが、前オーナーが奇麗に使っていたため、傷もなくとっても綺麗です。
購入したのはアンプと同じTEACの、S-300NEOという製品。同軸スピーカーが特徴の鏡面仕上げが大変奇麗なスピーカーです。

DSC03621.jpg
DSC03631.jpg

DSC03634.jpg
付属品としてスパイクピンもついてます。

というわけで早速設置。しかし、デスクトップ環境が狭く(分かっていたことですが)前と同じように、液晶モニターの裏に置かざるおえない状況・・・・これはちょっと改善したいですねぇ(´・ω・`)

DSC03589.jpg
設置前の様子。机は液晶パネルで一杯・・・取り敢えず、あまり使わない左上の24インチ液晶を外し、左下のモニターを少し上に。その下にアンプを設置しました。

DSC03637.jpg
こんな感じに。

因みに、再生は基本的にiPadからで、経路は・・・
iPad>AppleTV>TEAC AI-500DA>S-300NEOとなっています。こんな時もAppleTVは便利ですね!

で、早速聞いてみたところ・・・良いです!低音が結構しっかり鳴っている感じで、正直メインのトールボーイスピーカよりは少しモヤッとしますが、それでも今までのデスクトップ環境よりは雲泥の差。スピーカーの差を感じでいます。

少し全体的に高い買い物となってしまいましたが、AI-500DAとこのS-300NEOの組み合わせに大変満足しています。
posted by やまちゃん at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2016年03月01日

USB DAC 搭載 ステレオ プリメインアンプ ”TEAC AI-501DA”購入ヽ(´ー`)ノ

DSC03552.jpg

昨年、SONYからCAS-1と言う、パソコンからの音楽再生を前提とした小型のデジタルアンプが発売されました。その時はこの製品自体に、光入力端子が無かったため特に欲しくはなかったのですが、それからというものデスクトップ回りの音楽再生環境を見直したいなと思い始めました。

現在の環境
現在は、Pioneerの薄型AVアンプの”VSA-C301C”に、パソコンから光ケーブルで接続し、AVアンプにはYAMAHAの小型スピーカーを接続しています。

比較した製品
実は、欲しくなった直接の原因のもう一つは、ヨドバシカメラで何気なくCAS-1を見た時に、TEACの”AI-301DA-SP”という製品を見たからというのあります。CAS-1と同じく、小さく薄く、既存のスピーカーも使用でき、そして何より光入力端子があります。その割に値段もそんなには高くない。
それから色々調べましたところ、機種は3機種に絞られました。
まずは、TEACの”AI-301DA-SP”、そして、2年近く前に発売されたTEAC”AI-501DA”。
あとは、DENONの”PMA-50”という機種。

この三機種の中では501が一番高く、古いのですが、性能的な違いはBTに対応しているか位のような気がしたので、個人的にBTは多分使わないというのもあり、何よりアナログメーターという見た目のため、501にしました。

購入
購入はヤフーショッピングを利用しました。既に販売終息のためヨドバシとかでは在庫がないようでした。他のインターネットサイトをみましても代替、50,000円位します。そんな中、ヤフーでポイント10倍キャンペーンがやってたりしまして、結果実質40,475円で購入する事が出来ました。

開梱
DSC03521.jpg
DSC03554.jpg
付属品はシンプル。リモコンシンプルです。(まぁ多分リモコン使わないですがw)

DSC03530.jpg
背面はこんな感じ。
光✕2
同軸✕1
アナログ✕2
USB✕1

個人的には十分です。

DSC03534.jpg
スイッチは、こんな感じの昔ながらのスイッチという感じ。これが超カッコイイ!カッコいいですが、実はこのスイッチのためか、リモコンでの電源on/offが出来ませんwまぁ、手の届く範囲に置くつもりなので、リモコンは必要ないんですけどね。でも、スイッチを入れる感覚が非常に楽しいです(*´∀`*)

DSC03540.jpg
DSC03543.jpg
こちらが、ラインの切り替えスイッチ。とボリューム。金属管バッチリです。
ラインの切り替えは、押す毎に変わる奴でなく、この回す奴の方が使いやすくて良いですよね。

DSC03560.jpg
アナログメーターは当然光ります!そして、ちゃんとヒョコヒョコ動きます!

DSC03525.jpg
で、裏にはオート電源OFFを機能させるためのスイッチがあります。音が鳴らない状態で30分が過ぎると機能するようです。ただ、電源スイッチが特殊なので、復帰はライン切り替えスイッチを回したり、リモコンのボタンをどれか押すことで復帰するようです。

設置
DSC03570.jpg
今まで使っていたAVアンプと同じ場所に設置しました。横幅が狭くなったため、少し余裕が出来ました。中々良い感じです。


個人的に質感も良く、中々満足度の高い製品だと感じました。ていうか思っていたものより実際に手元に来ると凄く良かったです。
今後のい予定は、スピーカーを違うのにしたいなぁと思っているのですが、今年に入ってから色々お金を使いすぎているので、暫く落ち着いてからにしようかと思っています。
posted by やまちゃん at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2016年01月17日

Logicool ロジクール K380 のファンクションキーについて

クリップボード01.jpg

昨年購入したBTキーボードのロジクールK380ですが、唯一不満でしたFnキーを押さないとF9とかが機能しない件ですが、ロジクールのソフトウェアを起動してみたら、オプションがありました。初めからあって見逃していたのか、それともソフトのバージョンアップで追加されたのか・・・・ とにかくこれで死角かなくなりました!買ってよかった!\(^o^)/
posted by やまちゃん at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2015年12月20日

最近購入した、Bluetoothキーボード2種(”MicrosoftUniversal Foldable Keyboard GU5-00014”と”Logicool ロジクール K380 Bluetooth”)

最近、自宅用に2種類のBluetoothキーボードを購入して使ってみての感想です。

購入したのはマイクロソフトの”Universal Foldable Keyboard GU5-00014”と、ロジクールの”K380”。どちらも、複数機材のペアリングに対応しています。

まずはマイクロソフトの方から。

DSC06444.jpg

折りたたむ事で電源OFFになり、2個ペアリングが可能なモバイル用キーボードです。キーボード自体の打ち心地も良く、軽く非常にコンパクト。

DSC06463.jpg
折りたたむとCDサイズ。

しかし折りたたむために分割キーボードになることから、その点は慣れるまでブラインドタッチが難しそうです。

DSC06456.jpg
ちょっと、ブラインドタッチがまだ出来ない・・・

こちらは、Surface3と一緒に持ち出すことが多いです。

次は、ロジクールの方。

DSC03417.jpg

こちらは、コンパクトなのですが、重量は重いです。多分わざと重く作っています。ペアリングも3個と出来、丸いキーがどうなのかと重いましたが、打ちやすいです。現在は、家のSurface3での使用がメインで、他にPS4とPS3をペアリングして使っています。

DSC03409.jpg

個人的にはロジクールのキーボードは中々良い感じ。ただし、両方共共通っする不満点としては、Fnキーを押さないと、F1とかF2キーとして動作しない所ですかね・・・私が日本語入力の時、カタカナとか英字変換をF7〜F9を使うからだとは思うけど・・・
posted by やまちゃん at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2015年09月22日

「iPad mini4 」をチラッと使ってみて

DSC06106.JPG

iPad mini 4到着!
 
まさか、発売日である17日に届くとは思っていませんでしたが、帰宅した所無事届いていました\(^-^)/
今まで、大抵発送は深センからだったのですが、どうやら今回は違う模様。既に日本にあったのかな?
 
という事で早速開封、開封!
 
DSC06111.JPG

待ちに待っていた、iPad Air系のデザイン。今までのminiとは違っているはずですが、ぶっちゃけそんなに変わりありませんw 比べてみるとやはり薄さを感じますが、実は初代miniと比べるとこの位しか変わりません。
 
左:mini2 右:mini4
DSC06123.JPG

左:初代mini 右:mini4
DSC06129.jpg

今回、初めてのCellularモデルの購入なのですが、やはりこのプラスチックの部分はカッコ悪いなぁとは思います。

DSC06113.JPG
 
で、早速電源ON。
 
iOS9がプリインストールされています。いつもながらに最初は戸惑いますね。iOS9に関しては、何かあれば後程まとめたいと思っています。(多分無いと思います)
 
取り敢えず、初期セットアップを実施。今回は、既存のイメージをそのまま当てます楽ですしね!。更に手元に、iPad mini2 があるので、見比べながらアイコンの位置を調整し、無事セットアップ完了。
 
SIMをセットアップ
既に、DMMへ追加SIMを発注していますが、取り敢えずSurface3に入れてあったSIMを突っ込んでみました。一応このSIMはSMS対応を購入してあるので、今後はiPadで使い、Surface3はSMSオプション無しのSIMにする予定です。

事前に、DMMからiOS9では新しいプロファイルを使ってねっていうのが来ていたので、それに従いプロファイルをインストール。特に問題なく利用出来るようになりました\(^-^)/

やはり、テザリングをしないで直接通信できるのは大変便利!いやぁ、良い時代になったものだと実感していますよ(=´▽`=)
 
使い心地は?
良い意味で、驚くほど、当たり前に、普通に、代わり映えがありません。(褒め言葉です)
しかし、薄くなり、軽くなり、そしてiOS9から備わったマルチタスクが意外としっくりと便利に使えます。
個人的には、アニメ視聴をしながら、CMの間にちょこちょこっとメモを取れるのが大変便利です。まぁ、だからといって目新しい機能ではないんですけどね(^^:

自分としては、タブレット端末の決定版!
昨年から、このminiの系列はもう出ないという噂もありましたが、自分としては決定版とも言えるmini4が出てくれました。個人的には、外出先で使うにはこの8インチタブレットがベストチョイスで、surface3や、iPad Airでは立ったままのタッチパネルでの文字打ちは大変な苦痛なのです。このminiだと縦持ちでも横持ちでも、両端から持って親指で文字入力をするのも無理がありません。

mini5が出たら買うか?と聞かれれば、今の段階では「多分買わない」と答えます。それ程、このmini4は完成度が高いと感じています。
posted by やまちゃん at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2015年09月16日

iPad mini4 は明日発売!\(^o^)/

クリップボード02.jpg


米国時間9月9日。日本では9月10日にiPhone6s、iPadProが大々的に発表される傍らで、少々寂しくiPad mini4も発表されました。

しかし、私個人としては、このiPad mini 4に注目していました。私としては待ち待っていた製品です。

私は、初代iPad miniiPad mini 2を購入しています。mini 3は指紋認証が付いただけのマイナーチェンジだったので購入はしませんでした。主な用途はお出かけ転送で、iPad mini以外の製品、Xperia Tablet Compactや、Surface3、でも試してみましたが、結論は”お出かけ転送はiPad miniが最適!”でした。

mini2を購入した2013年当時はMVNOは時期早々で、Wi-Fiモデルを購入しましたが、昨今の格安SIMの盛り上がりで、昨年のmini3に合わせてCellularモデルを購入しようかと悩んだのですが、上述した指紋認証がついただけのマイナーチェンジモデルだたので、購入をやめました。出来れば、iPad Air系のデザインになってから購入したかったのです。

その後、iPad miniはもう新しいのは出ないとかって噂もありましたが、出ることを信じ待っていた所に今回の発表となったわけです。

これぞまさしくiPad mini Air
mini3とmini4の外見は大きく変わりました。まさしく私が望んでいた、iPad mini Airです。薄さで、約1.4mm、重さで37gも軽くなっています。これは欲しい。是非欲しい。

購入したモデルは・・・
いや、もう即効で予約購入してしまいました。色と容量で悩みましたが、今回Cellularモデルを購入するという事で、背面のプラスチックパーツの見栄えを考慮し、シルバーにしました。容量は、もしかすると今度こそファイナルiPad miniの可能性を考慮して、後悔しないように128GBを選択。アップルストアのSIMフリーモデルを購入です。因みにお値段は・・・・税込み89000円超え。流石に高いので、余談ですが今回iPhone6Sの購入は諦める事が出来ました。

現在のステータスは出荷済み!発売日が17日なので、上手いこと行けば明日到着所でしょうか(=´▽`=)
そして、シルバーウィークにはたっぷり楽しめそうです\(^o^)/

追伸:カバーは既に届いています。いつもの事ながらとんだ焦らしプレイですねアップルさん><

DSC03241.jpg
posted by やまちゃん at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2015年08月28日

「Surface 3」 を暫く使ってみて

DSC04841.JPG

結論から言うとかなりお気に入り!
DSC03405.JPG
殆ど衝動買いに近い状況で購入した「Surface3」ですが、6月19日の日本発売以降、約2ヶ月に渡り使ってみた感想は「かなり満足」です。

サイズ感が良いい
DSC03417.JPG
まず、そのサイズが良いです。10.8インチ3:2の液晶は解像度1920×1280。横向きでブラウジングしても16:9の液晶と違い、縦に余裕があります。また、中々に薄く、iPad miniと比べてもこの通り。

ファンレス最高
薄くファンレスなのも良いですね。自分はVAIO Pro13も持って使っていますが、普通に使っているだけで結構ファンが唸りをあげ、排熱口からは熱い空気が排出されます。しかしこのSurface3にはそれが無い。排熱用のファンが無い。これは思っていた以上に快適です。

外装の質感も良い
DSC03412.JPG
最近の格安タブレットと違い外装が金属なので、中々質感が良いです。Surfaceの特徴であるキックスタンドも金属製だったりします。触ると冷ややかな感じがまた良いのです。

閲覧用端末として使うとすごく良い
しかし、CPUがATOMという事もあり、性能はお世辞にも良いとはいえません。しかしそれは現在のCore iシリーズと比べてという話で、実際に使ってみると思っていた以上にストレスはありませんでした。購入する前は少しこの点が心配だったのですが実際に使ってみると不満はありません。因みに少し苦しいながらもFF11も一応動く位のパワーはありました。多分、写真の編集とかするとパワー不足になると思いますが、閲覧用端末として使う分には良いバランスです。

FF11ベンチ結果とHDDベンチ
FF11ベンチの結果は2900位でした。正直FFのプレイにはきついのですが、ログインキャンペーン消化には特に問題ありません。まぁ出先でガッツリやろうなんて思わないのでこれはこれでオッケーです。

capture_003_21062015_031926.jpg
HDDベンチの方は、書き込みが遅いですね。でもまぁ、昔のHDD並みの速度はありますが、アニメのお出かけ転送とかやらせると、ちょっとイライラします。

カバーキーボードは家では使っていない
DSC04844.JPG
色々悩んだ末、タイプカバーキーボードを購入しましたが、家では使用していません。それは、ちょっと手元に引き寄せたい時にキーボードが付いていると邪魔で機動性が落ちるからです。その代わり、家ではこちらのBluetoothキーボードを使っています。これであれば、分離しているためSurface自体の機動性は落ちません。
ただ、やはり外でキーボードを使いたいなと思った時はこのタイプカバーキーボードは大変打ちやすく便利です。直接本体に接続するため、充電切れという心配もありません。

MicroUSB充電が便利
もし、Surface3がMicroUSB端子充電に対応していなかったら購入してなかったかもしれません。それ位この機能は重要です。いくら電池が長持ちするからといっても、旅行の時とかは心許ありません。そこでスマフォ用の充電器具で充電できるSurface3は便利なのです。しかし、ACアダプターや、ケーブルは結構選ぶようで、電源には接続しても充電までには行かなかったりという事はあります。しかし、スリープ状態にすれば充電出来ている感じなのと、モバイルバッテリーを繋ぐと明らかに電池の減りが少なくなるので効果はあるようです。
個人的に、CPUに関して新しいMACBOOKで採用されたCoreMが少し羨ましかったのですが、あちら付属ACを見るとSurfaceのよりもっと高出力のものでしたので、もしかしたらAtomで正解だったのかな?と最近思っています。

SIMはDMMを契約
日本発売のSurface3は、SIMスロットがついております。前々からMVNOに興味があったので、早速格安SIMを突っ込んでみました。契約したのはバックがIIJで価格も安いDMMです。元々映画のレンタルをしていましたので、会員登録が既に終わっているので手続きも楽ちんでした。

通信速度結果
DMMのSIMでの通信結果は以下の通りです。普通に使う分には全く不満ありません。ちなみに契約は月3GBの物にしました。
capture_001_21062015_013727.jpg

ただし細かい所ですが・・・
たまに、SIMを見失う事があります。これは再起動で治るのですが、そこまで再起動が速いわけではないので少し、残念です。
また、Buetoothマウスを接続しているのですが、このマウスが少し動くとスリープが会場されてしまいます。通常は、電源管理のオプションを変更する事で、このスリープ解除を抑制出来るのですが、これはそれをしても言うことを聞いてくれません・・・あと、やはり、少し値段が高いかと思います。キーボード付きでこの値段くらいが良いのでは?と感じます。

DSC04856.JPG
あと、分かっていることとはいえ、普通のラップトップパソコンとかより、キックスタンドの分奥行きが必要です。

まとめ・・・
良いとこ
・軽さ
・薄さ
・何とかFFも動く程よい性能
・ファンレス
・Microusbでの充電
・SIMフリー

悪い
・たまにモバイルネットワークを見失う
・頻繁にスリープ解除される
・値段が高い

DSC04830.JPG
因みに、ペンも購入してみたのですが、私の使い方だと殆ど使いませんねw

DSC04862.JPG
あと、キャリングケースは定番のバズハウスさんのにしました。VAIO Pro11インチ用のでピッタリです!

というわけで、何やらこれよりもっと性能の良いSurface4的な物がでたらまた買ってしまいそうな勢い・・・本当はこんな感じのがVAIOで欲しいんですけどねぇ・・・
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2015年08月24日

ロジクール「MX Anywhere 2」を購入後、しばらく使ってみて

DSC03906.JPG

ほぼ発売日(7月16日)に購入したこの、モバイルマウス。
暫く使ってみての感想メモです。

このマウスの最大の特徴は、Bluetoothと無線ドングルの両対応で、マウス側で切り替えられるという点です。
ただ、これには1点注意が必要で、切り替えは3個あるのですが、ドングルもこの3個のうちのどれかを使うという所です。考えてみれば当たり前なのですが、最初ドングルの方をどう登録して良いかわからず、設定1のSurface3用の設定を上書きしてしまいましたw

良かった所
Bluetoothと、ドングルに両対応。そして、3種類のデバイスを切り替えられる。
内蔵電池に充電(従来は単4電池でした)

やはり、3種類のデバイスを切り替える事が出来るのは大変便利ですし、電池がなくなったらモバイルバッテリーから充電出来る安心感は素晴らしいものです。

悪かった点
原価削減のためか、キャリングポーチが付属せず
そして、ドングルが、マウス本体に収納できずw
やはり、少々お高いのでは?

まぁ、キャリングポーチとか値段はどうでも良いのですが、唯一これはないんじゃないか?って思ったのが、付属のドングルがマウス本体に収納できなかった事です。ここは少しお金かかっても良いので、マウスにドングルを差し込める穴を用意して欲しかったなぁと思うのですよ・・・・

DSC03909.JPG

まとめると、正直前作のマウスが元気に動いているのでしたら買い換える程の必要性は感じられませんでした。しかし、個人的にBluetoothマウスってスリープ復帰後の挙動が安定せず個人的に嫌いだったのですが、USBポートを少しでも節約したいノートパソコンでは本音を言えばBluetoothで使いたい所です。
現在Surface3と使っている限りは問題ありません。この点は非常に良かったなぁと感じています。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2015年07月30日

Windows10 覚書

昨日、早速Windows10をインストールしたわけですが、ちょいちょい調べたりシて設定を変更したりした所があるので、備忘録として残してみます。

1:検索ボックスは消せる
タスクトレイ右クリック>検索>検索アイコンを表示

クリップボード01.jpg
邪魔だから消したった!

クリップボード01.jpg
スッキリ!

2:仮想デスクトップは切り替えが面倒
マックは3本指スワイプで切り替えられてすごく便利なのですが、WIndows10のはイマイチ・・・・

3:SurfaceペンのボタンクリックでOnenote2013を起動できない。
色々調べた結果、現在は多分不具合で出来ない。

4:エクスプローラーの余計なアイコン削除
クリップボuytyutyード01.jpg
デフォルトはこんな漢字で、PC以下ぎっしり・・・ここを整理。

レジストリエディターを起動
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\ MyComputer\NameSpace
以下のキーを削除
デスクトップ {B4BFCC3A-DB2C-424C-B029-7FE99A87C641}
ダウンロード {088e3905-0323-4b02-9826-5d99428e115f}
ピクチャ {24ad3ad4-a569-4530-98e1-ab02f9417aa8}
ミュージック {3dfdf296-dbec-4fb4-81d1-6a3438bcf4de}
ドキュメント {d3162b92-9365-467a-956b-92703aca08af}
ビデオ {f86fa3ab-70d2-4fc7-9c99-fcbf05467f3a}

↓結果
クリップボード02.jpg


5:エクスプローラ開いた時、デフォルトでPCを開く
↓フォルダオプションから設定
utrurtut.jpg

6:タブレットモードは意外と良いけど・・・
キーボードをつけるとデスクトップモード。外すとタブレットモードにする設定を使ってみたりシましたが、やはりデスクトップモード基本で、手動で使えば良いかな・・・

7:新しいフォトアプリ
かなり好印象。指でスイスイ次の画像に送れたりするけど、iPadみたく、アルバムを移動したりする使い方は向かない。アプリから直接フォルダを切り替えられれば完璧なのに・・・
posted by やまちゃん at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット