2017年10月11日

WF-1000X(ブラック)購入。

DSC03167.JPG

少し前に購入した、左右分離型イヤホンですが、使用開始した途端SONYからこちらが発表され、少々迷いながらもそのコードのないイヤホンの便利さと、以前購入したイヤホンの不満点が合わさり購入してしまいました。

既に使っているイヤホンの不満点
1:少しこもったような音
2:コンプライのイヤーチップを使っていると、たまに充電されていない

チップを変更すると充電の接点が微妙に浮いてしまう事があるためか、特に2がイライライします。それだったら純正にチップに戻せば良いんじゃ?と思うのですが、まぁその通りなのですが、それはしたくない・・・といった具合。

という訳で早速使ってみます。

DSC03171.JPG

ケースはちょっと大きいかな?と思いますが、イヤホンの収納はカチッとハマる感じ。イヤーチップを変更しても問題ありません。

DSC03192.JPG

ただ、こんな感じで蓋を開けると不安定で、ポテっと倒れてしまいます。これはちょっとイラッとするので、底に電池をもう少し入れるとかしてバランスを取ってもらいたかったなぁと思ったり。

充電端子はマイクロUSBでして、USB-Cでも良かったんじゃ?と思いますが、基本的にiPhoneを使っていてケーブルはマイクロUSB+Lightning変換端子を持ち運んでいる私としては、USB-Cの変換コネクターを持ち歩くよりはこちらのマイクロUSBで良かったかな?と思っています。

また、イヤホンを制御するためのiOSアプリもあり、事前にインストールしておき、いざペアリング。



説明書を見ながらやった所、特に問題ありませんでした。最初の1回目だからか自動的にペアリングモードになりスムーズに登録できました。

実際に使ってみて
まず不満点の1つの音質ですが、こもったような感じは無くとてもクリア。有線イヤホンのこちらと比べると落ちるような気がしますが、多分私ではどっちが良いとか聴き比べられないので音質に関しては、ほぼ満足です。

そして、もう一つの充電問題ですが、こちらも安定しています。1週間使った感じでは特にストレスはありませんでした。因みに1週間普通に使ってみて、本体への充電は2回でした。私の場合、1日3時間半位使うので、1週間もたない感じです。

ノイズキャンセリングの効果は?少し残念なところも
基本的なノイズキャンセリング機能はこんまものかな?という事で不満はありませんが、外音取り込みモードについて、止まっている時や動いている時を検知して自動で切り替わるみったいな機能があるのですが、こちらは期待以下でした。個人的には動く・止まるで特に意識すること無く、機能が切り替わるにかと思っていたら、切り替わった時のお知らせの音がなるし、そもそも切り替わるまで時間が(10秒位?)かかるので、例えば通常はノイキャンONの状態で、コンビニとかで買い物する時、レジで止まっている時には、外音取り込みモードがONになるというような感じでは使えない事が分かりました。正直、切り替えボタンを押したほうが早いかなっていう。

まとめ
総じて大満足。以前購入した方は使わなくなるかも・・・使い分けできる場面あるかな・・・?
次のモデルあたりで、今回対応しなかったハイレゾに対応したりしそうですが、それはそれで楽しみです。個人的にはマルチペアリングと、音量調整機能をつけて欲しいですが…
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2017年09月03日

左右分離式BTイヤホン”Air by crazybaby BTイヤホン”を暫く使ってみて。

2017_09_02_1832.JPG

去年辺りから、Airpodsに代表される左右分離式BTイヤホンが個人的に熱いのです。SONYも最近WF-1000Xを発表しましたが、実はそれよりも前に、”Air by crazybaby BTイヤホン”というのを購入し使っていました。今回はその感想メモを・・・

2017_09_02_1833.JPG
イヤホンの収納はこんな感じ。他と同じように、充電器も兼ねています。

2017_09_02_1835.JPG
イヤーピースはコンプライの物に変更しています。ケースの関係上、薄型の物を購入して使っています。(これじゃないと、浮いてしまって充電できない)

2017_09_02_1836.JPG
充電は、USB-C。

音質は?
通常使っている有線式の”AH-C720BKEM”と比べると正直物足りないです。これはまぁどうしようも無いかなぁとも。慣れもあるのでしょうけどね。

電池の持ちは?
通勤時間は1時間位ですが、その間は当然問題ないです。カタログ的には3時間の模様。個人的にこの辺は今のところ不満ないかなぁ。

買ってよかった所は?
やっぱり、線がないのは大変ストレスフリー。一度ペアリングしてしまえば、再接続は特に不満ないです。

ちょっと駄目な所は?
収納ケースですが、材質感は良いのですがロック機構が少しちゃちいかなぁと。あと、出来ればアプリでマルチペアリングをサポートして欲しかったです。
また、ボタンがとても押しづらい!つい爪を立てたくなり、傷も心配w

実は・・・・
これを買った後、歌マクロスを初めた物で、BTイヤホンだと音ズレが酷いので有線イヤホン使っているせいで、実はあまり使わなくなってしまったという・・・でも、イヤホンとしてはとても便利で歌マクロスに飽きたら戻す感じかな。
でも、さっきも話題に出しましたが、SONYのイヤホンにも興味津々。あっちはノイズキャンセリングもついているらしい。多分、こっちも買っちゃうかなぁ。
posted by やまちゃん at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2017年08月25日

NASを新調してみた。”ASUSTOR AS3202T”&”HGST Deskstar NAS 4TB”

DSC09884.JPG

現在使っているNASは4年以上前に購入した物なのですが、特に故障もなく頑張ってくれています。しかし、少しづつ容量が減ってきたので、ここらで新調しようという事に。

今回もNASキット+HDDという組み合わせで検討。
NASキットに求めた性能は以下の通り。

・2ベイ
・Onedriveに直接バックアップ出来る事
・それなりに速い。

そんなに条件が多いわけでは無いのですが、現在出来ない事の、2番目のOnedriveにバックアップは今回特に重要視した点です。その条件の中今回購入したNASキットはASUSTOR製ので、HDDはHGSTの4TBを選択しました。

組み立ては簡単
組み立ては、特にマニュアルも必要なく楽チンです。外装は樹脂製で、チョット高級感は無いかな…

各種設定
クリップボード001.jpg

クリップボード07.jpg

各種設定は、バッファローとかのメーカー製の物と比べると一段階難しいかな?今までNASを使ったことがある人だったら大丈夫ですし、動作させるのに必要な項目は多く無いので問題は無いかと思いますが。

クリップボード1111.jpg
別途、OneDriveソフトをインストールする必要があります。

クリップボード1211.jpg
Onedriveの設定はクセを掴むのに少し時間がかかりました。同期したいフォルダを選んで転送させるより、丸ごとの方が良さそうです。当初は、全部を同期するのに凄く時間がかかっていましたが、今は落ち着き黙々と同期してくれていて頼もしい限りです。

転送速度計測
前回と同じ方法で計測。

クリップボード01111.jpg
右が新しいNASですが、は、速い!これは交換した甲斐があったと言うものです。

総括
結論は言うと大満足。
ただ、HDMIで直接ディスプレイに繋いだ時のメニューが思っていたものと少し違うかなぁ。これはもう少し試す必要がありそうです。出来れば、NASに入れている写真をそのままテレビに映したいなぁ。(出来るはず・・・)
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2017年08月04日

”IRKit”で、外からクーラー操作生活

31HuSy3ACXL.jpg

購入だけしてしばらく放置していましたが重い腰を上げでようやく設定。
この製品を一言で言うと学習リモコンなのですが、最大の売りはスマフォで外からも操作できる事です。電源はマイクロUSBなので据え置きなのですが、要は外からクーラーの電源が入れられます!
と言う事で早速設定。

設定は全てスマフォから行います。専用のアプリがあるのでこちらで設定。リモコン用のボタンも自分で作成します。

2017-02-05 22.17.56.png
iPhoneにソフトウェアをインストールし、ウィザードに従って設定。

2017-02-05 22.35.32.png

2017-02-05 22.36.52.png
特に問題なく設定出来ました。

2017-02-05 23.06.07.png
ボタンは好きなように作れますが、アイコンの種類が少し少ないかなぁ・・・と。因みに、クーラーの場合、オンとオフは別の信号になる事が多いので、こんな感じで2つ作る必要があります。

で、実際の使い心地ですが、通信環境のせいなのか、 たまに反応しないことも。とはいえ外からでもちゃんと動作する事を確認。暫く様子を見たいと思います。
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2017年08月02日

”ロジクール MX MASTER 2S”を暫く使ってみて

DSC01236.JPG

約3年前に購入して今まで使っていたマウスの調子が悪いもんで、新製品として飛びついて購入。約2週間程使った感想を書いてみます。

結論から言うと、今のマウスの調子が悪くならなかったら購入しなくても良かったな・・・という感じ。勿論良くなった所もあれば、悪くなった所もありました。

DSC01259.JPG

良くなった所
・電池の持ちが良くなった

悪くなった所
・チルトホイールが無い

チルトホイールの代わり(?)にサムホイールがあるが、ここに割り当てられる機能が少なく、正直使わない…そして、イマイチ反応が良くない。メインのホイールと同じくクリック感のあるものにしたらどうなのかな?

個人的には、チルトホイールに割り当てていた機能(コピーと貼り付け)が別のボタンに割り当てなければいけず、そうすると結果的に今までマウスだけで操作出来ていた事がキーボードを使わざるを得なくなってしまいました。

とはいえ、暫く使っていて慣れはしたんですけどね。しかし、一番の売りのFLOWは全く使って無いです。MACに入れてみたものの、このソフトが暴走して結構CPU食うんですよね。と言う事でアップデート待ち。

というわけで、正直な所では前のマウスがまだ売っていたらそっちを買った方が良かったか?って位な気持ちです。やはり、自分にはチルトホイールが無いのが大きすぎた…
posted by やまちゃん at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2017年04月14日

◯年ぶりのWALKMAN購入!

01.jpg


前回、WALKMAN使っていたのはいつだろう?と、考えてみた所、MD時代まで遡ってしまう感じの私なわけでございますが、久々にWALKMAN購入しました。

購入したのはNW-A35(イヤホン無し16GB)という機種で、発表時欲しいなぁと思ったものの、正直現状に不満がなかったものでして購入を見送っていたのですが、以前、α7III用に試しに購入してみた500円クーポンの有効期限が迫っていたということもあり…とにかく購入したWALKMAN。早速楽曲を転送。あ、因みに音源はハイレゾじゃありません。今後も購入することは無いと思います。曲の転送は専用ソフトは使わず、iTunesからD&D。ちらっと聞いてみた感じ、良い感じです。(いや正直そこまで違いが私には分かりませんでした・・・すみません・・・)

DSC04488.jpg
モノ自体はスゴイカッコイイ!

でもって、少し使ってみた感じなのですが、そもそもiTunesで音楽管理しているからいけなのかもしれませんが、アートワークが歯抜けになってしまっていたり、色々フリーソフトを試すも、iTunesで作ったプレイリストが使えなかったりとその辺がとても不満。(これは、iTunesのフォルダ管理?がダメダメなのかも)また、BT接続ですが、画面をONにしないと繋がらない気がする。(省電力化のために、ずっとは待受してない?)

とまぁ、不満も多いですが、商品自体は非常に満足しています。使い方としては、イヤホンを直接挿して、プレイリストも使わない感じで全曲再生で聞く感じかなぁと思っています。やっぱり、とすると、16GBの一番安い奴で正解だったかもしれません。
posted by やまちゃん at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2017年04月06日

新型”Fire TV Stick”購入!

DSC04467.JPG

AppleTVも持っている私ですが、今月新型が出るというのもあり、今更ながらにFireStickTVも購入してみました。

その理由とは、AppleTVでも利用している”AirPlay”が、ソフトウェアをインストールする事で、FireStickTVでも使えるという情報を見たためです。このAirPlayが利用できるのであれば、高価なAppleTVを利用する事なく、iPadやMACの画面をテレビに映すことが可能になりますし、今は家の中で持ち運びしているAppleTVを固定出来ると考えたためです。

■現物確認
DSC04470.JPG
物自体はこんな感じのStick型で、テレビのHDMI端子に直接挿して使用します。付属品が結構入っていて、パッケージは思ったよりズッシリという感じでした。

■早速使ってみる
DSC04474.JPG
セットアップ自体はそんなに難しい訳ではなく、無線LANに接続出来てしまえば基本的に設定完了です。

■AirPlayは使えるようになるのか?
早速、AirPlayのアプリを試してみます。

クリップボード01.jpg

このアプリをインストールするだけで基本的に終わり。後は、iPad等から、普段AirPlayをするのと同じやり方。
特に端末側にソフトをインストールしたりする必要は無いようです。

2017-04-06 22.28.39.png
(Audio)ってのも出てきましたが、これは何だろう?音声だけって事だよね?

DSC04480.JPG
勿論、MACからもOKです。

また、起動直後からこのソフトが常駐しているようで、1度設定してしまえば特に起動することはなさそうです。

と、あっさりiPadからの映像を映し出す事が出来るようになりました。うん、これは便利ですね。

問題は、無線接続オンリーという事で、接続が途中で切れたりしないかという所なのですが、今のところ大丈夫なようです。むしろ、暫く音楽を音楽を鳴らしてみましたが、AppleTVより安定しているかも?
posted by やまちゃん at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2017年03月28日

イヤホン新調!”AH-C720BKEM”

DSC04418.JPG

何か突然右側から音が出なくなってしまったお気に入りの”AH-C710”。一度壊れた後も、もう一度同じ物を買った程。

しかし、後継品のC720が出てきて、値段も上がってしまい何だか割安感が・・・という訳で、SONYにしようかな?とかも思いましたが、結局は後継品のC720を購入する事に。

DSC04422.JPG

一応ハイレゾ対応なのですが、正直私の耳にはハッキリと良くなった!と言えませんが、何となく一つ一つの音の輪郭が増しているような”気がします”。

DSC04433.JPG

総じて満足なのですが、唯一の不満はケーブルが長い事位。個人的には、0.5m位の物が希望です。

DSC04427.JPG
あと、買いだめしてあったコンプライのイヤーチップがそのまま使えたのは地味に嬉しいっす。

DSC04434.JPG
因みに、こんな感じで、根本の金属カバーが取れました。同じトラブルで3度交換しました。正直、品質管理は良くないのかもしれません(´・ω・`)
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2017年02月21日

「RADEON RX 480 8G」購入して分かったこと

81CqzsJXigL._SL1500_.jpg


ビデオカードは大きく分けて、RADEON系と、GForce系とあるわけですが、個人的にRADEONばっかり使っています。現在使っているのは、6年前に購入したRADEON6870なのですが、パフォーマンス的には不満がない(そもそもハイエンドゲームやらない)のですが、唯一の不満は4Kの30ヘルツしか出ないこと。これを60ヘルツにしたいとは常々思っていました。しかし、ここ最近GPUの性能は頭打ちで、新製品が出ても名前を変えたものばかりなため、何となく見送ってしまっていました。

しかし、2016年に入り、両陣営ともこれまでと比べると大きくステップアップした製品が発表され、これだったら買い換えても良いかなぁと思った次第です。

そんな訳で、個人的にRADEON系のRX480を購入する事は決まっておりましたが、後は何処のメーカーから購入するかです。まぁ今使っているカードがMSIで、特に不具合も出ていないのでMSIで良いかなと。そう思っていた矢先の2月中旬、Sapphire製のカードが突如のバーゲン。少し不安になりながらも思い切って購入してみました。購入したのはこちらの、「Sapphire NITRO+ RADEON RX 480 8G GDDR5」!

旧システムに取り付けてみるも問題が・・・
新PC用に購入したカードですが、動作確認も含め、旧PCで早速使ってみたくなるのも人情です。という訳で交換してみた所問題が・・・電源を入れても全く画面が出てきません!NO SIGNAL!!!

カードのファンは回っているので通電はしている模様。しかしBIOS画面まで出てこない状況です。真っ黒です。因みに元のカードに戻すと問題なく起動します。BIOS画面自体が出ないことから、Windowsの問題でもなさそうです。

理由はマザーボードとの相性?
そんな訳で色々調べてみた所、2012年頃のマザーボードを使っていると最新ビデオカードで起動しないという症状が出やすという事が分かりました。これは、その頃マザーボードのBIOSがUEFIという物に変わる過渡期で、今のビデオカードはこのUEFIを前提に作られているので古いシステムでは起動しないかもと言うのが大まかな理由らしいです。確かに、うちのマザーボードは2011年に購入した物なので、これが原因だとしたら、なるほどドンピシャです。

改善策?
改善策としては、最新のUEFIに対応したBIOSにしてみるとか、UEFIを切って、Legacyモードで起動するとかあるようです、とりあえず、BIOSの方を見てみた所、2013年に発行された最新版になってます・・・次にこのLegacyモードというのを確認してみますと、確かにBIOSの設定項目ないにありました。EFIってのになっていたので、これを変えてやります。(この時は勿論古いビデオカードにして作業してます)

DSC04372.JPG

無事映りました!
旧ビデオカードでオプション変更後、新ビデオカードに交換して電源ON。何事も無かったように無事映りました!その後は、ドライバーの入れ替えも終了し、無事動くようになりました。

4K60ヘルツは・・・
パソコン側の設定ではなく、モニター側の設定を変更する事でこちらも無事60ヘルツで映るように。4Kモニター購入以来の宿願を果たすことが出来ました\(^-^)/

DSC04375.JPG

DSC04378.JPG

どのくらい良くなったのか?
早速、ベンチマークを取ってみました。ベンチマークソフトは、FF11と、FF14。新旧2つのビデオカードで取っています。

FF11
 旧カード:9510
 新カード:9675

完全に打ち止め。誤差範囲。なるほど。旧ゲームはこんなもんなのですね・・・

FF14
条件は、高品質デスクトップPCのフルHDで取りました。

 旧カード:
 SCORE:3454
 平均フレームレート:26.962

 新カード:
 SCORE:10916
 平均フレームレート:83.886

こちらは、カード交換の差が如実に出ています。交換した甲斐があるってもんです。(ゲームしないけど)
旧カードではやりませんでしたが、新カードでは最高品質でもやってみました。

 画面サイズ: 1920x1080
 DirectX バージョン: 11
 グラフィック設定のプリセット: 最高品質
 SCORE:10142
 平均フレームレート:76.806

結果は良い感じです!(旧カードでもやっておけばよかった)

まとめ
個人的にパソコンであまりゲームやらないのですが、2万円以下で購入出来る事を考えると中々にお買い得だったかなと思っています。正直最初は画面真っ黒で焦りましたが、何とかなってホッと一安心。やっぱり、マザボが古いのは駄目ですねぇ(^^;
posted by やまちゃん at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2016年09月16日

2年ぶりの機種変。”iPhone7”購入。

DSC04085.JPG

正直今回は機種変しなくても良かったのですが、現在持っている6+が丸2年を迎えるためサポートが満期を迎えます。かといって、AUから離れるつもりもなかったので、流石に勿体無いと思い
機種変を決意。かなり後ろ向きな理由でした。

購入したのは無印・128GB・ブラック
iPhone5,5sはブラック、6+はシルバーだったので、今度は黒系にしようかなと。丁度黒系の2色が新色だったため丁度良いなとも。最初はジェット・ブラックにしようと思ったのですが、やっぱり指紋が目立つよなぁという事でマットな方を申し込みました。何でもジェットは人気らしく品薄確定。一説では11月に入荷とも・・・一方マットブラックはこうして無事発売日に入手出来たわけですから自分的にはこちらにして良かったです。

因みに、今回は+から無印への機種変更になります。正直、+に関しては2年間使ってみて、自分の場合、無印のほうが良いかなぁという結論です。結局は、ただ大きいだけという点につき、アイコンの配置数や、スリープ時の通知が横向きに対応するなど、+ならではの横機能がもう少し考えられていれば+の意味もあったのですが、それも無かった物ですから・・・ここは今でもちょっと残念に思っています。また、今回は無印の電池の持ちも良くなったようで、それならば無印にしてみようと思ったわけです。

DSC04079.JPG
無事、発売日に到着!

購入価格は・・・
因みに購入価格ですが中々に納得がいくものとなりました。

まずは、本体価格の確認。
Applestoreでの購入価格は、税込み90,504円。
一方AUは90,720円です。殆ど差がありませんね。

ここから、AUの場合、キャッシュバッククーポンが10,000円。月々サポートとして、毎月2,445円が差し引かれます。今回もよっぽどの事が無い限り2年間使おうと思っていますので、総額:2,445×24=58,680円が戻ってくる計算です。

というわけで、ここまでを計算すると、90,720-10,000-58,680=22,040円が実質金額という奴です。仮に、今所有している6+を30,000円で売却出来れば、約18,000円の黒字となります。まぁ、MVNOの価格を比べると普段から高い金額払っているので何とも言えないところですがw

DSC04095.JPG
前、使っていたiPhone6+と比べるとやはり小さいw
posted by やまちゃん at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2016年07月18日

”be quiet! 80PLUS GOLD PC電源/STRAIGHT POWER 10 CM 500W”購入

DSC03827.JPG

今使っている電源は、多分PCケースと同じくらいに購入した気がするので、おそらく10年選手。この10年で電源自体も省電力化が図られ、Silverだとか、GOLDだとか認証制度ができて来ました。当然今使っているのはそんなのが出来る前ですし、最近電源関係で怪しい動きをする事があるので、次に自作する時は、電源も入れ替えようかなぁと思っていたことも有り、次購入する時はBeQuiet!のにしようと思っていました。

しかし、この製品が途中で値上がり、15,000円とか一時期20,000円近くなってしまったので、諦めていたのですが、ちょっと前に、台数限定の特価品で1,1000円になっていたので、勢いで購入しちゃいました。

DSC03818.JPG

スペック的にはGOLD認証の、セミプラグイン方式。FANは12cmのBeQuiet!製です。何故、BeQuiet製なのか・・・良く覚えていませんが、ケースファンが良さそうだった所に、電源も作っていると聞いたので使ってみたいと思ったのかもしれません・・・

DSC03824.JPG

DSC03836.JPG

ただちょっと心配事が。今使っているのも500Wだったので、同じ500Wのを購入したのですが、これからのビデオカードを考えるとこれで良かったのかな?とちらっと思ったり思わなかったり。まぁ、そんなに強いビデオカードは買わないと思うので、大丈夫だとは思いますが・・・

DSC03845.JPG

さて、これは何時使われるんでしょうか・・・?w
posted by やまちゃん at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2016年06月25日

BOSEノイズキャンセルBTヘッドフォン(Bose QuietComfort 35)を購入しました!

2016-06-24 19.14.22.jpg

BOSEノイズキャンセルBTヘッドフォン(Bose QuietComfort 35)を購入しました。人生初の一万円を超えるヘッドフォンです。

少し前位からBT接続可能なヘッドフォンを購入したいとは思っていながら、ついぞ購入を見送っていましたが、5月位から猛烈に欲しくなりついに購入となりました。

候補
購入するに辺り、SONYの”h.ear on Wireless NC(MDR-100ABN)”か”MDR-1RBTMK2”のどちらかにしようと思っていました。ただ、この2製品には大きな違いが一つあり、ABNにはノイズキャンセリング機能が搭載されています。(今後、1RBTにもノイズキャンセリングが搭載されたモデルが出そうですが・・・)
実際に両方を視聴してみると、装着感は1RBTの方が良く、またノイズキャンセリング機能は自分の視聴環境を考えると必須じゃないなぁと思いながらも、もしかして飛行機に乗ったりした時に便利かなぁと思い、ノイズキャンセリング搭載モデルに完全に傾きました。

しかし、ABNを購入しようかなと思ったのですが、正直色がどれもピンとこなくて悩みました。まぁ6月のソニーフェアまで悩めばいいかと思っていましたら、このタイミングでBOSEさんから新製品発表
値段も、ABNより少し高い位です。しかも新製品。元々、BOSEのノイズキャンセリング機種は評判も良いようです。しかも新製品。
唯一の心配はその装着感と、音が好みかどうかだったのですが、発売前にビックカメラに立ち寄った所、既に視聴品があったので試すことが出来、その結果心配は完全に無くなりました。因みにハイレゾ対応は謳っていません。でも、元々私の耳がハイレゾ対応してないばかりか、音源も持ってないので私には問題ないです。

予約して購入
早速開梱です。
本体の他に、キャリングケースが同梱されており、収納するとこんな感じの大きさとなります。

DSC03773.JPG

DSC03812.JPG

その他にも色々ついてきています。

DSC03790.JPG

飛行機の座席用のアダプターと、有線接続用のケーブルとかが付いてきます。

因みに、色は、シルバーにしましたた。

DSC03776.JPG

実際に聞いてみて
まだ使い始めて2〜3日なのでなんともいえませんが、電車の中で実際に使ってみるとノイズキャンセリング能力の効き具合に驚かされます。勿論、人の話している声は消えませんが、格段に静かになります。これは音のうるさい大江戸線でも試してみたくなりました。

音色的にも低音が少し強目で、個人的には好みです。そして高音が耳に刺さるような感じもなく、かと言って音がこもっている感じもありません。

スイッチ類は右側に纏まっており、操作しづらいということはありませんでした。因みに、NCだけをOFFにする事は出来ません。

DSC03784.JPG

そして中に、大きくL,Rと入っておりわかりやすいです。

DSC03805.JPG

電池の持ちについて
カタログスペックでは、約2時間半の充電で、ワイヤレスで20時間、有線で40時間とあります。有線でもバッテリーを使うのはノイズキャンセリングのせいかと思うのですが、多分ノイズキャンセリングを使わなければバッテリーは食わないはずです。
だいたい、自分は普段通勤の時に使っても1日3時間程なので、1週間は充電せずに使える計算になります。なので特に問題なさそうです。

ちょっと改善して欲しい点
今のところ一つだけ。有線で接続する際、ヘッドフォン側の端子がステレオプラグじゃないんです・・・ちょっと系が小さい。これはステレオプラグにしておいて欲しかったかなぁと・・・・

DSC03796.JPG

アプリを使ってみて
このヘッドフォンと連動する、スマフォアプリもあります。そもそも、BTは2台まで接続可能で、それぞれの接続のOFF/ONをこのアプリからも操作可能です。また、このアプリから接続する事も出来、実際使ってみると中々便利でした。良く出来ています。

2016-06-25 12.11.34.jpg

2016-06-25 12.11.09.jpg

自分は、iPhineで音楽を聞き、iPadでアニメを観ますが、この切替がスムーズにできました。ただし、両方接続状態にしておくと、結構BTが切れる感じがします。ここはしょうが無いのかなぁ・・・

というわけで、初めてのBT&NC搭載ヘッドフォンでしたが、中々に満足です。買ってよかった!\(^o^)/
posted by やまちゃん at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2016年06月12日

PS3コントローラーをBTでもってWindows 10で使うメモ。

基本的に、WINDOWS10ではPS4のコントローラーが普通にBT接続で使えてしまい何の問題も無いのですが、唯一FF11だけは相性が悪いのか、ボタンの入力が時々受け付けなくなる現象に悩まされていました。
しかし、前回Windows8.1で使わせようとした時、ちょっと苦労した記憶があったので躊躇していましたが、再挑戦。

結果は特に苦労せずに動作させる事が出来ました。

ポイントは、MotionJoyのWindows10対応版を使う事!なるほど!対応版が出ていましたか!w

ダウンロードはこちらから。

簡単にインストールメモ

1.ダウンロード&解凍(パスはmaxmag)
2.M-INSTALL[ADMIN].batを管理者として実行
3.DS3_Tool_Location.exeを管理者として実行
4.loaddriverからの、driver install
5.コントローラーのオプションで、チルト関係はOFF、BT自動切断も初期は5分なので延長。
6.FF11側のキーコンフィグは以下。

クリップボード01.jpg

以上。

追記・・・
Windows10のAnniversaryUpdateを実行当てた所、PS3コントローラーとペアリングできなくなりましたが、3のドライバーインストールで元に戻りました。
posted by やまちゃん at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2016年04月04日

Dolby Atomos イネーブルスピーカー”SKH-410”購入

DSC03709.jpg

自宅AV環境の仕上げは、Dolby Atomsのイネーブルスピーカー。
正直、Atomosの映画を持ってないので意味が無いかもしれませんが、どうにも設置したかったので購入しました(´・ω・`)

特徴はこの斜め
DSC03721.jpg
イネーブルスピーカーとしては、一番安いこのスピーカー。ペアで1万円位です。特徴はこの斜めの形状にあります。これは、上向きに設置するのが正しく、天井に反射させてあたかも上から音が聞こえる感じを実現するという物です。

効果の程は?
DSC03719.jpg
実は、このスピーカーですが、Atomos用映画でなくても、一応鳴ってます。環境音が。でも、正直上から音が聞こえる感じはしません。やはり、Atomos用映画を再生してみないとダメですねw
とはいえ、やりきった感というか満足感は非常に高いです!
posted by やまちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2016年03月27日

AVアンプ購入しました。”DENON AVR-X4200W”

EL_avrx4200w_jp_bk_fr_cl.png

AVアンプをリプレイスしたいなぁと思っていたら、気づいたら購入していたというお話です。

選定
当初は、現在使用しているONKYOの後継機種で考えていました。最有力候補はTX-RZ800という機種でしたが、一番の問題が機材の奥行き問題。
設置してあるAVラックの奥行きが結構無いため、このONKYOのが入りません。かと言って入る位の大きさだと、安い廉価版しかなく、ちょっと物足りません。

クリップボード01.jpg
DENONのなら行けるはず!!!

したがいまして、他のメーカーでも検討しましたところ、最終候補に残ったのは、DENONのAVR-X4200WかPioneerのSC-LX59のどちらかになったのですが、奥行き問題と、昔から憧れていたDENONにしてみようと思った次第です。(あとちょっとPioneerの方が高かった)

他の機能としては、当然、DolbyAtmosや、DTS:X等、最新のソースに対応出来る物としました。まぁこの辺は最新機種なら大抵対応しているので選択肢が狭まることはありませんでした。

納品・セットアップ
購入はヨドバシ秋葉で実機を見て、ヨドバシカメラのネット経由で購入。わざわざネット購入にするのは、購入履歴として残るのが便利なためです。
では早速開梱。

本体、リモコンの他に、このような機材が入っています。

DSC03731.jpg

これは何をするのかというと、これを使って各スピーカーの音量を自動調整させます。これは一種のマイクになっています。

EL_avrx4200w_jp_bk_fr_cl.png
前面はこんな感じ。

EL_avrx4200w_jp_bk_re.png
背面はこんな。

その後、スピーカや、PS3、PS4、BDレコーダーを次々接続。特に問題点はありませんでした。最初のセットアップも日本語メニューで分かりやすかったです。

新しく出来るようになった事
1.まず当然ですが、Dolby再生してもノイズが乗らなくなりましたw
2.今まで、音楽再生時、AppleTVへAirPlay経由で再生していましたが、このアンプ自身がAirPlayに対応したため、直接アンプへ送信出来るようになりました。
3.HDMIパススルーが使えるようになりました。これは、特定の入力信号を、AVアンプの電源を落としていても、出力に出させる物で、例えば今まで、PS3経由で、アニメを見る際、必ずAVアンプの電源を入れなければ行けなかったのですが、液晶側のスピーカーだけでいいやって場合は、AVアンプをOffのままでも視聴が可能になりました。

消費電力は?
TX-SA705は消費電力450Wに対し、AVR-X4200Wは670Wになっています。単純に数字だけ見ると消費電力アップですが、結構エコにも気を配っているようで、カタログスペックでみる数字よりは全然消費電力は少ないそうです。また、前述したHDMIパススルー機能により、今まで電源を入れるしかなかったケースも、電源をいれる必要が無くなるので、結果どっこいどっこいになるのかなと思っています。

今後の予定
取り敢えず今は、既存スピーカーを接続しての5.1ch接続に留まっておりますので、この後タイミングをみてDolbyAtmos用のイネーブルスピーカーを追加したいと考えています。

ちょっと疑問に思っている点
nasen再生でサラウンド再生出来ない(フロント2本しかでていない?)
>これはどうやら、PS3の制限っぽい?かも?BDの再生では特に問題はないです。

液晶側のスピーカーで鳴らすと、nasne(PS3)の効果音が無くなる。
>多分これは、フロントではなく、センタースピーカーで鳴らそうとして鳴っていないようです。因みにソフト自体が違う可能性がありますが、PS4からの再生では問題は起きないようです。

まとめ
音的な事は正直分かりませんが、ノイズの乗る状況からは格段の改善であり(当然ですが)、これはもっと早く買い換えておくべきだったなぁというのが率直な感想です。
また、HDMIパススルー機能により、何だか少しエコ運転が出来そうです。また、前のAVアンプのリモコンにはテレビのON/OFFボタンがありませんでしたが、今回のリモコンには付いておりやっぱり便利です。

今回のAVアンプ変更に伴い、構成が以下になりました。

クリップボード02.jpg

パススルー接続を生かし、液晶側の再生能力を上げるため、先日購入したアンプ(AI-501DA)に接続するため、HDMI音声分機を追加しています。これを通す事で、光出力で音声を取り出し、アンプに接続しています。

そして、ネットワーク図は以下のようになりました。AVアンプが変わったのと、AppleTVを無線接続にした位ですか。

クリップボード03.jpg

そのうち、AppleTVは1Fに持って行きたいかなぁと思っています。
posted by やまちゃん at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2016年03月19日

AVアンプ買い替えたいなぁ”現状の環境”

0.jpg

AVアンプをリプレイスしたいなぁというお話です。

今使っている機種・構成
今使っているAVアンプは、確か7年前位に購入したONKYOのTX-SA705というAVアンプです。当時、使用したいたのはHDMIがまだ無かった頃のYAMAHAのAVアンプで、HDMIに対応させたくて購入しました。
現在の接続図は以下のとおり。

クリップボード01.jpg

HDMI入力が少ないため、HDMIセレクターを使用し、また、HDMI出力が1しかなく、プラズマテレビと液晶テレビの両方に映すため、分配器を設置しています。基本的にアニメとかはナスネorBDレコーダーに録画したものをPS3経由で観ています。観るのは、プラズマディスプレイの時もあったり、液晶ディスプレイの時もあります。

何故買い換えたいかというと・・・
足りない入出力端子を増強したいというのは勿論ですが、決定的なのがDolby再生にすると発生する非常に耳障りなノイズ。再生機材を変えても、ケーブルを変えても発生し、Dolbyではない例えばステレオ2chにすれば発生しない事から、AVアンプの故障かなぁと言う事で、買い替えを検討しています。
posted by やまちゃん at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2016年03月12日

TEAC S-300NEO に大満足!!

DSC03625.jpg

もう、我慢できない!
買ってしまえ!って事で買ってしまいました。スピーカーを…

DSC03612.jpg

とはいえ、ヤフオクで程度の良さそうな中古品ですが、前オーナーが奇麗に使っていたため、傷もなくとっても綺麗です。
購入したのはアンプと同じTEACの、S-300NEOという製品。同軸スピーカーが特徴の鏡面仕上げが大変奇麗なスピーカーです。

DSC03621.jpg
DSC03631.jpg

DSC03634.jpg
付属品としてスパイクピンもついてます。

というわけで早速設置。しかし、デスクトップ環境が狭く(分かっていたことですが)前と同じように、液晶モニターの裏に置かざるおえない状況・・・・これはちょっと改善したいですねぇ(´・ω・`)

DSC03589.jpg
設置前の様子。机は液晶パネルで一杯・・・取り敢えず、あまり使わない左上の24インチ液晶を外し、左下のモニターを少し上に。その下にアンプを設置しました。

DSC03637.jpg
こんな感じに。

因みに、再生は基本的にiPadからで、経路は・・・
iPad>AppleTV>TEAC AI-500DA>S-300NEOとなっています。こんな時もAppleTVは便利ですね!

で、早速聞いてみたところ・・・良いです!低音が結構しっかり鳴っている感じで、正直メインのトールボーイスピーカよりは少しモヤッとしますが、それでも今までのデスクトップ環境よりは雲泥の差。スピーカーの差を感じでいます。

少し全体的に高い買い物となってしまいましたが、AI-500DAとこのS-300NEOの組み合わせに大変満足しています。
posted by やまちゃん at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2016年03月01日

USB DAC 搭載 ステレオ プリメインアンプ ”TEAC AI-501DA”購入ヽ(´ー`)ノ

DSC03552.jpg

昨年、SONYからCAS-1と言う、パソコンからの音楽再生を前提とした小型のデジタルアンプが発売されました。その時はこの製品自体に、光入力端子が無かったため特に欲しくはなかったのですが、それからというものデスクトップ回りの音楽再生環境を見直したいなと思い始めました。

現在の環境
現在は、Pioneerの薄型AVアンプの”VSA-C301C”に、パソコンから光ケーブルで接続し、AVアンプにはYAMAHAの小型スピーカーを接続しています。

比較した製品
実は、欲しくなった直接の原因のもう一つは、ヨドバシカメラで何気なくCAS-1を見た時に、TEACの”AI-301DA-SP”という製品を見たからというのあります。CAS-1と同じく、小さく薄く、既存のスピーカーも使用でき、そして何より光入力端子があります。その割に値段もそんなには高くない。
それから色々調べましたところ、機種は3機種に絞られました。
まずは、TEACの”AI-301DA-SP”、そして、2年近く前に発売されたTEAC”AI-501DA”。
あとは、DENONの”PMA-50”という機種。

この三機種の中では501が一番高く、古いのですが、性能的な違いはBTに対応しているか位のような気がしたので、個人的にBTは多分使わないというのもあり、何よりアナログメーターという見た目のため、501にしました。

購入
購入はヤフーショッピングを利用しました。既に販売終息のためヨドバシとかでは在庫がないようでした。他のインターネットサイトをみましても代替、50,000円位します。そんな中、ヤフーでポイント10倍キャンペーンがやってたりしまして、結果実質40,475円で購入する事が出来ました。

開梱
DSC03521.jpg
DSC03554.jpg
付属品はシンプル。リモコンシンプルです。(まぁ多分リモコン使わないですがw)

DSC03530.jpg
背面はこんな感じ。
光✕2
同軸✕1
アナログ✕2
USB✕1

個人的には十分です。

DSC03534.jpg
スイッチは、こんな感じの昔ながらのスイッチという感じ。これが超カッコイイ!カッコいいですが、実はこのスイッチのためか、リモコンでの電源on/offが出来ませんwまぁ、手の届く範囲に置くつもりなので、リモコンは必要ないんですけどね。でも、スイッチを入れる感覚が非常に楽しいです(*´∀`*)

DSC03540.jpg
DSC03543.jpg
こちらが、ラインの切り替えスイッチ。とボリューム。金属管バッチリです。
ラインの切り替えは、押す毎に変わる奴でなく、この回す奴の方が使いやすくて良いですよね。

DSC03560.jpg
アナログメーターは当然光ります!そして、ちゃんとヒョコヒョコ動きます!

DSC03525.jpg
で、裏にはオート電源OFFを機能させるためのスイッチがあります。音が鳴らない状態で30分が過ぎると機能するようです。ただ、電源スイッチが特殊なので、復帰はライン切り替えスイッチを回したり、リモコンのボタンをどれか押すことで復帰するようです。

設置
DSC03570.jpg
今まで使っていたAVアンプと同じ場所に設置しました。横幅が狭くなったため、少し余裕が出来ました。中々良い感じです。


個人的に質感も良く、中々満足度の高い製品だと感じました。ていうか思っていたものより実際に手元に来ると凄く良かったです。
今後のい予定は、スピーカーを違うのにしたいなぁと思っているのですが、今年に入ってから色々お金を使いすぎているので、暫く落ち着いてからにしようかと思っています。
posted by やまちゃん at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2016年01月17日

Logicool ロジクール K380 のファンクションキーについて

クリップボード01.jpg

昨年購入したBTキーボードのロジクールK380ですが、唯一不満でしたFnキーを押さないとF9とかが機能しない件ですが、ロジクールのソフトウェアを起動してみたら、オプションがありました。初めからあって見逃していたのか、それともソフトのバージョンアップで追加されたのか・・・・ とにかくこれで死角かなくなりました!買ってよかった!\(^o^)/
posted by やまちゃん at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット

2015年12月20日

最近購入した、Bluetoothキーボード2種(”MicrosoftUniversal Foldable Keyboard GU5-00014”と”Logicool ロジクール K380 Bluetooth”)

最近、自宅用に2種類のBluetoothキーボードを購入して使ってみての感想です。

購入したのはマイクロソフトの”Universal Foldable Keyboard GU5-00014”と、ロジクールの”K380”。どちらも、複数機材のペアリングに対応しています。

まずはマイクロソフトの方から。

DSC06444.jpg

折りたたむ事で電源OFFになり、2個ペアリングが可能なモバイル用キーボードです。キーボード自体の打ち心地も良く、軽く非常にコンパクト。

DSC06463.jpg
折りたたむとCDサイズ。

しかし折りたたむために分割キーボードになることから、その点は慣れるまでブラインドタッチが難しそうです。

DSC06456.jpg
ちょっと、ブラインドタッチがまだ出来ない・・・

こちらは、Surface3と一緒に持ち出すことが多いです。

次は、ロジクールの方。

DSC03417.jpg

こちらは、コンパクトなのですが、重量は重いです。多分わざと重く作っています。ペアリングも3個と出来、丸いキーがどうなのかと重いましたが、打ちやすいです。現在は、家のSurface3での使用がメインで、他にPS4とPS3をペアリングして使っています。

DSC03409.jpg

個人的にはロジクールのキーボードは中々良い感じ。ただし、両方共共通っする不満点としては、Fnキーを押さないと、F1とかF2キーとして動作しない所ですかね・・・私が日本語入力の時、カタカナとか英字変換をF7〜F9を使うからだとは思うけど・・・
posted by やまちゃん at 20:44| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコン・ガジェット